※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

阿行三叉行悟如何々

名前 阿行三叉行悟如何々(あぎょうさんさぎょうご・いかが)
種族
能力 ウソとホントを入れ替える程度の能力
二つ名 嘘八百鬼夜行
性格・特徴 うそつき
外見・服装 白地で正面に黒く「嘘」と書かれた前掛けと、
黒地で背中に白く「真」と書かれた後ろ前の前掛けを着用。
バナナの葉で作った腰巻を付け、先の尖った高下駄を
二足履いている。(足は前後に2本ずつ、4本生えている。)
普段は隠れているが、後ろ側にも腕が2本生えている。
後ろに顔もあるらしいが、見せた事は無い。
ザンバラ髪で、白黒斑状になっている。
眉毛は左片方しか無く、左目は普通で黒い瞳だが、
右目は白黒が反転している。
唇は左半分が黒く、右半分が白く塗られ、歯は右半分だけ
黒く塗られている。舌は左右2枚に裂けている。

解説
毎年桜の咲く季節になると、どこからともなく現れ、いつの間にかいなくなる、
嘘と本当を入れ替える悪さをして、人をビックリさせるのが好きな悪戯妖怪。
悪戯妖怪と言っても、子供のような姿なら可愛げもあるが、中学生から
高校生程度の女の子の外見なので、相当に性質が悪く感じられる。

嘘と本当を入れ替えると言っても、某大妖怪のようにあらゆる事象に働きかける
ほどの神懸かり的なものではなく、精々彼女自身、もしくは彼女の周囲にある
嘘と本当を逆転させてしまう程度である。
と言っても、人間からすればかなりおっかない代物だが。

彼女の能力は、彼女より強い妖怪に働き掛ける事はできない。
なぜなら、相手の妖力が彼女の力を撥ね退けてしまうからだ。
さらに、彼女自身、あまり遠隔操作的な事が上手ではなく、むしろ
インファイター的な戦いを好むので、もっぱら自己暗示のような使い方をする。

彼女が吐く嘘は全て自覚的なものである。彼女自身がそれを嘘と感じていないと
嘘にならないし、本当のことを知らないと、嘘と入れ替える事ができないからだ。
能力発動時には、彼女にとっての嘘が本当に、本当が嘘となる。
それを利用して、危険回避のような事もでき、敵から一撃で即死となる程度の
攻撃を受ける瞬間に、攻撃を受けていない嘘の自分と、攻撃を受けた本当の自分を
入れ替える事で、ノーダメージにしてしまう事も可能である。

ただし、彼女の能力が格闘戦に特化した防御・回復的な用途に限られると思うのは
早計と言えるだろうし、油断大敵でもある。
彼女の手に触れるものに限り、彼女以外の物事の嘘と本当を入れ替える事など
造作も無いのだから。

スペルカード
  • 真理「白馬非馬」(E/N)
    真理「堅白同異」(H/L)
  • 虚実逆転「ヘンペルのカラス」
  • 動作不可「競技場の馬車」
  • 不可思議「ゼロ・ディヴァイド」(E/N)
    微分極限「飛んでいる矢は止まっている」(H/L)
  • 順位逆転「アキレスと亀」
  • 四月一日「嘘と真の境目」