※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

博麗 千花


名前 博麗千花
危険度 高(妖怪にとって)
人間友好度 本人の気分次第
活動場所 博麗神社
種族 人間
能力 全てを識り、全てに捉われない程度の能力
二つ名 残酷無慈悲たる虐殺巫女
性格・特徴 普段は必要最低限程度しか喋らないが、知人相手にはある程度砕ける。妖怪相手にはほぼ無口。ことわざでよく人をからかい、色々とつかみ所が無い。
職業 博麗の初代巫女
年齢 紫より下
趣味 人間観察
特技 多種多様、様々な武器を扱う事。
身長 霊夢より高め
体重 聞いた瞬間、重さに捉われなくなった為不明
外見・服装 基本霊夢と同じだが、肩と胸囲の露出が少なく(腋は見えない)、カラーリングは紅白均等ではなく、赤が多め。髪の毛は後ろに一本にまとめているが、結び方が雑
関係人物 八雲紫(結界を張るのに協力した。仕事の時に何度か話してるので、ある程度砕けた関係ではあった様だ。)
座右の銘 多くを知り、多くを悟れ

解説・生い立ち
元々はとある権力者の一人娘だったが、幼少期に屋敷をこっそり抜け出し森に行って
妖怪に襲われる。散々痛めつけられ、殺されそうになった時に巫女としての力に目覚め
木の枝一本でその妖怪を返り討ちにした事で有名になる。その後、
何度か巫女にならないかと誘われるが、妖怪と戦うのは怖いと言う理由で断り続けた。
両親が権力者だけあって彼女は裕福で、何一つ不自由の無い生活を送るが、
彼女が十六歳になる頃に、彼女の住む屋敷と辺り一帯の民家が妖怪の襲撃に遭い、
両親 愛人 友人を次々と目の前で殺され、全てを一瞬で奪われたのをきっかけに
妖怪を激しく憎む様になる。
その後、両親の残した遺産で博麗神社を建設し、名字を博麗と改め
巫女として妖怪退治に赴く事になる。
彼女の武器は巫女としての力だけではなく、
地上にあり、生きているのならば斬れない物は無い博霊の霊剣
冥界の物ならば貫けぬ物はない神竜の牙の槍、
力そのものを鎖で縛る事が出来るお祓い棒の皮を被った長い三節棍、
他にも短刀二本、弓矢、短筒、槌、等々…様々な特性を持つ武器を全て完璧に使いこなす為、
巫女の力抜きでも、かなりのポテンシャルを誇る。
こんな技が成せるのは、彼女の全てを識る能力があるからこそだろう。
そんな彼女は妖怪退治のエキスパートだったが、彼女の手に掛かった妖怪は
例外なく、目も当てられないほど無惨な姿にされたと言う。
当時の紫は、幻想郷の端の方を拠点にしているとはいえ、彼女の存在を警戒していたが
その頃の幻想郷は崩壊の危機にさらされており、幻想郷を維持する為の結界を張れるのが
千花しか居なかったため、不本意ながらも彼女に強力を要請した。
しかし、彼女は幻想郷をほぼ全ての妖怪を閉じ込めて確実に始末出来る網程度にしか
思っておらず、異変の度に妖怪を一方的に弄び、虐殺する日々を送る。
そんな彼女の異変解決のやり方が紫の怒りに触れ、死闘を繰り広げた末に、遠い別世界へ
強制的にスキマ送りされる。
その後、彼女は全てに捉われない能力を用い、自分自身を時の流れに捉われなくし
寿命で死ななくなる様になり、全てを識る能力で次元の飛び越え方を識り、
様々な世界を巡るようになる。
それから、霊夢が博麗の巫女となってから数年後のある日、
彼女はふと博麗神社の蔵に隠していたある物の存在を思い出し、
それを取りに幻想郷へ再び舞い戻るが…?


台詞
「…私の戦いは、何だったんだろう。何か意味があったのか、何を残せたのか、何を成し遂げられたのか。…今の戦いを見ると、そんな事しか考えられなくて、それ以外、何もする気が起きない。」紫への愚痴より