※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

海旁 みづち Umitukuri Mizuti


名前 海旁 みづち
人間友好度
危険度
種族 妖怪(蜃)
能力 映像を写す程度の能力
二つ名 妖怪幻想映写技師
性格 ひたすら陽気。かなりの映画マニア。
活動場所 妖怪の山など
外見・服装 白いシャツの上に青いベストと青いスカート。首に黒いリボンを巻いている。
ベレー帽に大きなリボンを巻きつけてを被っている。常に小型の映画用カメラとカチンコを持ち歩いている。

蜃と呼ばれる貝の妖怪。名前には「みずち」とあるが、竜ではない。
自分の能力を使ってアニメーションのような物を作り、妖怪の山などで度々試写会を開いている。
しかし妖怪は妖怪なので、映像を人を惑わす幻想と勘違いされて(ほとんど同じだが)退治されることもしばしば。
 映像の内容は妖怪同士の戦争を描いたものであったり、はたまた人間のラブコメディだったりと様々である。
 弾幕を映像に残して鑑賞したりもできる。昔地底の地獄鵜の弾幕を残すことに成功したが、
見た妖怪から「ほとんど真っ白で見れたものではない」と苦情が殺到した。

 最近は自分の能力を使わず、実写で映画を製作しようと考えている様子。
山の暇そうな妖怪を捕まえては、監督ぶって撮影をしているはた迷惑な奴。
 ちなみに、映写機とカメラは安心と信頼の河童製。

スペルカード
(左がE-N、右がH-L)

映符「幻想世界旅行」 映符「月面一周旅行」
光符「オメガサンフラッシュ」
映符「逆さに映った摩天楼」 映写「海上の摩天楼」
浮島「島が浮いた日」 幻想「ファタモルガナの怪」

@