※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雛峰 流々

#ref(ここに画像のURL)
名前 雛峰流々(ひなみねるる)
危険度
人間友好度
活動場所 不明
種族 仙人
能力 動きを感じ取る程度の能力
二つ名 泡沫の転輪、流転する蓮座
性格・特徴 物静かで誠実。
他人の感情に敏感で、相手が笑えば自分も笑い、相手が泣けば自分も泣くなど、良い意味で純粋
所在 一定しないが、基本的には人間の里に居を構える
年齢 不明
趣味 野に出でて風を感じ、花鳥風月を愛でること
特技 見切り
身長 170センチ
体重 55キロ
外見・服装 袖口が広く、黒地に昇竜と蓮華の刺繍が施されたカンフースーツを身に纏う。髪はダークブラウンで肩口辺りまで伸ばしており、目は黒い帯で隠されている
関係人物 紅 美鈴
座右の銘 盛者必衰
好きなもの 人間
嫌いなもの ニョロニョロした生き物

幻想郷に住まう仙人。年齢こそ分からないが、どうやら殷王朝が存在していた頃には既に生きていたようである。
彼女は仙人同士の間に生を享けた、竜吉公主以来の生粋にして純血の仙人であり、その実力は他の仙道はおろか大抵の妖怪を軽く凌駕する程。また、その容貌も非常に美しく、かつてその美しさに嫉妬した女仙道の宝貝によって目を潰されてしまったらしい。
その一件の後、彼女は自分の存在が他の仙道の修行の妨げになるという理由で崑崙山を辞去し、地上で暮らし始めた。しかし、件の女仙道はそれでも尚しつこく嫌がらせを続けてきた為、彼女は各地を転々とした後に中国の東洋上に浮かぶ小さな島国、日本へと流れ着いたのであった。
諸国を漫遊している間に現在幻想郷に住む高位の妖怪達との戦闘(この場合の戦闘はガチの殺し合い)や友誼を結ぶなどの関係性を築き上げ、幻想郷創設当初からの住人となった。
性格故か聞き上手であるが故か相談役を引き受けることが多く、ミスティアの屋台で一杯やりながら相談に乗る姿が良く目撃される。
彼女の能力の範囲は、風の動きや水の動きを感じ取るに止まらず、表情の動きや弾幕の動き、果ては感情の動きや金の動きなど、動きと名のつくあらゆる物に及ぶ強力なものである。その能力と自分の卓越した身体能力を駆使して華麗に弾幕を避ける様は対戦相手に感動とフラストレーションを与えるんだとか。
武道家としての実力も高く、美鈴とは週に二度位の割合で試合を行っている。総合戦績は578勝571敗7引き分け



スペルカード
水符「霧露乾坤網」
法術「営鎮抱一」
炎符「烈焔陣」
岩符「地烈陣」
風符「風吼陣」
砂符「紅砂陣」
氷符「寒氷陣」
血符「化血陣」
隕符「天絶陣」
魂符「落魂陣」
光符「金光陣」
酸符「紅水陣」
ラストスペル:「太極符印」

台詞
「まあ、それは素敵なことですね!」