※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前 二世 安楽庵 迷伝 (にせい あんらくあん めいでん)
危険度
人間友好度
活動場所 冥界
種族 噺霊
能力 相手を縛り付ける程度の能力
二つ名 洒落の分かるお喋り幽霊
性格・特徴 幽霊なのに変に陽気。その上、三度の飯より落語が大好き。相手がいなかったら墓石を相手に延々と喋り続ける。
所在 冥界
特技 落語



スペルカード
停止「自喋他縛の幽霊」
落語「佐平次のおこわ」
落語「フレイムドラム」
幽符「バニシング・ダウンハウス」
落語「圓朝の死神」
落語「西行和歌三神」
落語「戯れる亡者の地獄八景」



解説
お喋り(と言うよりは噺)好きな幽霊。生前から落語が好きで、それが高じて落語家を目指したが不慮の事故で若死。しかし、落語家になりたいと言う情熱にも似た執念のお陰か、噺霊として二世安楽庵迷伝を名乗るようになった。(但し、初代が誰だかは不明)
 高尚過ぎるのか、単につまらないのか、冥界では余り受けが宜しくない。その為、幽明結界が緩んでいる今の内に人里に進出しようと目論む。
 霊夢達が来た際には、自身の落語が人間相手に通用するかどうか、試す為に勝負を挑んで来る。



テーマ曲
グレイブヤードの追い出し太鼓