※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フェイスティ・トーカルオン


#ref(ここに画像のURL)
名前 フェイスティ・トーカルオン
危険度
種族 妖怪鯨
能力 浄化する程度の能力
二つ名 雲海を泳ぐ巨影
性格 器が大きい。大食い。
活動場所 主に幻想郷の雲の中
外見・服装 ぴっちりとした黒い服にスカート。胸から下腹部にかけては白い。白い髪で水色の毛の飾りがアホ毛のようになっている。

幻想郷の空に棲む鯨の妖怪。その正体は巨大すぎる鯨であり、人間の変身を解くことはほとんどない。変身を解くと背中に苔が生えた山より大きい鯨の姿になる。

普段は雲の中を泳いで暮らしており、餌を食べるときに地上に降りてくる。永江 衣玖と友好関係にあり、実際に龍神を見たこともあるらしい。龍神の言葉を解するが、それを人に教えようとはしない。
鯨らしく大喰らいであり、人や妖怪、果てには山を丸ごと一つ食べることもある。
いたって温和な性格であり、争いごとを好まない。が、自身の器がとても大きいため、他者にとっての争いも彼女にはじゃれあい程度にしか見えない。

彼女は「浄化する程度の能力」を持ち、本来地上の存在が必ず持っている筈の穢れを持っておらず、それ故寿命で死ぬことはない。
また川や大気なども浄化することが可能。

自分の存在を頼ってくる者にうれしく思う一方、嘘を吐くものを疎ましく思っており、自分を謀ろうとした者には怒りを露わにする。

スペルカード
鯨符「テレスコーピングバイト」
鯨符「鯨弾幕」
鯨音「エコーロケーションウェーブ」
鯨鐘「龍神と巨鯨の系譜」
鯨波「栄々王々」
鯨呑「覇者鯨の山喰らい」
「鯨の喧嘩で裂ける海老」
漁業神「魚群水先案内」
漂着神「自己犠牲のヱビス」
鯨肉「ホエールバッシング」
「頼らば巨鯨の腰巾着」





@ky