※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セレスタ・シディン

名前 セレスタ・シディン
種族 魔法使い
能力 錬金術を扱う程度の能力
二つ名 華やぐ大地の記憶
性格・特徴 個人主義。干渉されるのが好きではない。
職業 宝石売り
年齢 おおよそ300歳程度
趣味 装飾品製作、錬金術の研究
身長 やや高め
体重 普通
外見・服装 透き通る空色の髪が特徴的。髪型は丸っこく、毛先は外側にはねている。
前髪を瑠璃の髪留めで留めている。瞳の色は黒。
服装は枯草色のローブに、黒い上着を羽織っている。
常に天青石のイヤリングを身に付けている。
3サイズ 普通
関係人物 にとり(貴金属を提供する代わりに、加工に必要な機械を貸してもらう)
座右の銘 玉石混淆


彼女の使う錬金術とは、自らの魔力だけで物質(無機物)を創りだす魔法である。錬金術で物を創りだすには、莫大な魔力と時間を費やす。苦労の割には、あまり役に立たない物しか創れず、大きさも掌より小さめな物になってしまう。魔法使いの間では、「存在意義が少ししか無い魔法」として、あまり注目されていなかった。
その中で、妙に錬金術に固執する変わり者の魔法使いが居た。それが彼女である。
彼女は、生きた時間のほぼ全てを錬金術の研究に捧げ、弾幕ごっこに使える程の錬金術を完成させた。現在も、更に実用性のある錬金術に向け、日々研究を重ねている。
相変わらず魔力の燃費は悪い為、捨食の魔法に頼らず、人間と同じ食事を食べて魔力を温存させている。
時間も余裕も興味も無い為、普通の魔法は全く覚えていない。
彼女は、主に宝石のみを創りだし、工業的な鉱物は滅多に創らない。弾幕ごっこの時にも宝石を飛ばす。これは彼女の信念のようなもので、「錆臭い鉱物は嫌いなの。鉄を採るのは男の仕事だし」と言っている。
創りだした宝石を装飾品に加工し、人里で売って生計を立てている。その洗練された細工と造形は、人妖問わず好評。
また彼女の創る宝石には、僅かだが特別な力があるという(意中の人と両思いになれる、商売が成功する、失くした物が見つかる、など)。その力は、鉱物が自然に持ち合わせているものなのか、それとも彼女が売上向上の為に後付けしているのか。真偽の程は定かではない。


スペルカード
晶符「クリスタルレイン」
十字「ダイヤモンドリフレクション」
斬首「水晶で飾るスコットランドの乙女」
儚符「聡明なる蛍石」
愛符「献身的な白翡翠」
魅符「高貴に嫉妬する紫水晶」
青符「試練を与える瑠璃の石」
白光「時を巡る透石膏」
対極「日長石と月長石」
「限りなく透明な双晶」