※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

⊛建角 神古弥

#ref(ここに画像のURL)
名前 建角 神古弥(たてつぬ・かこや)
種族 神(京都出身)
二つ名 本物の八咫烏
能力 いかなる物も導く程度の能力
性格・特徴 葵の絵の入った白い齋服に風折烏帽子、梓弓を持っている
爺言葉
職業 時々、人の前に姿を現し目的地に導いたりする。
趣味 弓道、茶道
身長 霊夢より少し高め(風折烏帽子は除く)
年齢 意外と若いがやはり神
BGM 神武東征の英雄~east conquest~
| 台詞 |「ふん、本物の八咫烏の力、見せてくれようぞ」
「儂の真の能力は、勝利に導く事にあり!」
説明
八重 事代が、京都時代にお世話になった神。
稗田 阿礼の子孫がいると聞いて幻想郷にやってきた。
行った先で、自称八咫烏(路空)に出会って激怒。

スペルカード
戦符「神武東征」
茶符「裏と表と、表と裏」
儀式「御阿礼神事」
北祭「斎王」
断符「式庖丁」

元ネタ
賀茂建角身命とその妻、神伊可古夜姫

北祭とは葵祭りの事、
御阿礼(阿礼)とは、賀茂建角身命やその息子賀茂別雷命に仕える巫女の事
まあ、もともとは神の依代という意味ですが・・・

ついでに、八重 事代が、京都時代にお世話になったとは
葛城鴨と山城鴨の事です。