※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夜行 白


 #ref(ここに画像のURL)
名前 夜行 白 (やぎょう つくも)
種族 妖怪
能力 因果を操る程度の能力
二つ名 慇懃無礼な一鬼夜行、真夜中の白い妖怪
性格 飄々とした、ふざけた性格。子供っぽく思われているが、実は思慮深い
外見 白金色の長髪で、永琳のように後ろでゆるく纏めている。金色の目
服装 紺色のロングドレスの上に、道教の法師のような朱色の前掛けを被せている。大きなリボンのついたzun帽装備。錫杖を持っている


解説:
 夜行さんと呼ばれる、神出鬼没の妖怪。夜な夜な首無し幽霊馬に乗って、幻想郷を徘徊している。
 幻想郷最古参妖怪の一人。その割には随分フレンドリーな性格で、暇な時はのんびり妖精達と遊んだりしている。
いつも子供のようにおどけているので、人柄が掴みにくい。真面目な時は真面目らしい。
 博霊大結界や、「幻と実体の境界」が張られる前から幻想郷に住み、齢は軽く千を超える。しかし、健康には全然気を使っていない。
昔から幻想郷の異変を観察するのが趣味になっている。自分から異変を起こそうとはしないが、よく結界を弄ろうとして怒られる。
 また、常に暇つぶしの種を探しているので、面白そうな者を見つけると攫おうとする。
紫や霊夢らとは顔見知り程度の関係。

 普段は幻想郷のどこかにあると言われる屋敷に居るが、「夜行日」と呼ばれる日の夜には様々な所へ出向く。
目にも見えぬ速さで疾走しているので(馬が)、うかつに近づくと蹴り飛ばされるので注意。
 妖術や魔術に長けているが、その反面身体能力は他の妖怪と比べるとめっぽう無い。いわゆる運動音痴である。
弾幕ごっこの腕はかなりのもので、いつも手加減しながら楽しんでいる。

因果を操る程度の能力

主に、因縁や因果を操る能力。
 直接的原因(因)と間接的原因(縁)の両方がそろった(因縁和合)ときに結果はもたらされると言われている。
また、前世の行いは現世に起こることに関わるともされる。彼女はそれらを弄くることができるのだ。
 原因からは有り得ない結果(手を叩いたら山火事が起きた、など)を生み出したり、何も無い所から結果だけを造る事ができる。

元ネタ

  • 白 紫(色)は可視光線と不可視光線の境界だが、
白は全ての波長の可視光線を対等に含み、強く反射した時に見える色。
  つくもという読み方は、百という文字から「一」の線を取り去ると、
  白(九十九=つくも)という字になることから。
  • 夜行さん 主に徳島県に伝わる妖怪。一つ目の鬼や、首無し馬に乗る姫などの姿で見られる。
陰陽道の忌み日は、夜行さんと共に魑魅魍魎が活動する日とされている。

スペルカード

幻創「夜行蝶ネスト」
夜行「魑魅魍魎復活祭」
白夜「最果ての地の沈まない光」
怨符「一宮長門守の怨霊」
極夜「極彩色の真珠母雲」
自因自果「九十九の病」
ラストスペル「輪廻結界」