※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

若尊 舞子

名前 若尊 舞子(じゃくそん・まいこ)
危険度 なし
人間友好度 良好
活動場所 冥界
種族 亡霊
能力 顔を作り変える&前進しながら後退する程度の能力
二つ名 ゾンビと踊る天才
性格・特徴 自分に対する厳しさが極限と言えるまでの境地に達しており、
良きにせよ悪きにせよ、どんな事でも徹底して行うため、
傍目からは常軌を逸した奇行に走りがちと見られやすい。
自分の欠点はごく僅かであっても許容できず、それがプラスに働いた結果、
持ち前の能力が極限にまで磨き上げられているが、
反面、マイナスに働いた結果、自分の容姿に強烈な拘りを持ち過ぎ、
原型を留めないほどの整形を繰り返している。
また、興味の無い事に対する拘りはゼロと言ってもよく、
金銭や名誉に対する拘りもないため、人目も憚らず無駄な散財を繰り返し、
周りの顰蹙を買っている。
職業 ダンサー
所在 白玉楼
年齢 50歳程度(外見は10代)
趣味 買い物と少女
登場作品、SS なし
特技 歌とダンス
身長 中くらい
体重 軽い
外見・服装 プチ整形を繰り返しているため、顔は作り物のようになっている。
また、美白を追及しすぎたため、地肌の色は微塵も残っていない。
髪は縮れたクセっ毛だったが、丹念な直毛パーマの効果で、
綺麗なウェーブのかかった濡れ羽色の黒髪となっている。
3サイズ スリム
関係人物 白玉楼の住人(西行寺幽々子、魂魄妖夢など)、騒霊(プリズムリバー三姉妹)

解説
幻想郷とは別の世界で生まれ、大成功を収めた天才ダンサーだったが、50歳になったある日、巨額の財を成したまま謎の急死を遂げた。
彼女の死により、その世界の中で大きな震撼が走ったが、もう彼女は戻らない。
そう、彼女は幽明袂を分かつ事で、幻想入りしたのだ。
幻想郷に入った彼女は死者のまま冥界へ入り、白玉楼に住み始めた。
彼女の死は、西行寺の御嬢からの招待なのか、彼女自らが望んだ事なのか、それは誰にも分からない。
今日も彼女は騒霊の奏でる音楽に合わせ、天才的なステップを披露している。

スペルカード
  • 分裂「ドント・ストップ~ティル・ユー・ゲット・イナーフ」
  • 群像「ビート・イット」
  • 反魂「スリラー」
  • 月歩「ムーンウォーク」
  • 孤独「バッド」
  • 鏡中「マン・イン・ザ・ミラー」
  • 神速「デンジャラス」
  • 禁忌「ブラック・アンド・ホワイト」
  • 不滅「インヴィンシブル」