※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Stage 1 朝もやのかかった城下の森

霊夢「あら。あなたさっきの。」
イセラ「あっ、おまえっ。くそっ、さっきはよくもやってくれたな!」
霊夢「いやいや、恨まれる筋合いはないわ。あなたが先に攻撃してきたでしょ?」
イセラ「おまえみたいなただの人間に、この私が負けるはずが・・・。」
霊夢「ただの人間じゃないわ。私は博麗神社の巫女。あなたみたいな妖怪には負けないわ。」
イセラ「博麗・・・?そうか。おまえよそ者だったのか。なるほど。木々がざわついていた理由はそれか。」
霊夢「ふーん。ざわつかれるほど私何かしたかしら?」
イセラ「覚えがないのか。そりゃ、びっくりだな。それで?おまえはこんな朝早くからどこに行くつもりだ?」
霊夢「あれよ。あのお城。あそこからいやな予感がするの。」
イセラ「ああ、あそこか。たしかにいやな予感はするが・・・あれはやめておいたほうが良い。」
霊夢「なんでよ。」
イセラ「なんでもだ。あそこは妖怪や、ましてや人間なんかが入っていい場所じゃない。」
霊夢「いやよ。私はあそこに用があるの。さあ、ここを通して。」
イセラ「仕方ないな。これだから人間は・・・。どうしてもいくというなら、私を倒してからいくがいい!」
霊夢「・・・あなたさっきやられたじゃない。まだやるの?」
イセラ「さっきは手加減したんだ。よそ者と人間には手加減してやるのが森の掟なんだよっ。」
霊夢「そんな掟、聞いたことないわね。」



霊夢「手加減してくれてありがとう。その掟、なかなかいいわね。」
イセラ「うぅ。なんでこんなやつに私が・・・。しかも二度も負けるなんて。」
霊夢「あなた、自信過剰なんじゃない?気を付けたほうがいいわよ。」
霊夢「さぁて。やっとこの森を出られるわね。長かったわ~。」