※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プラズマ団・団員1号 烏瓜 梓(プラズマモード)

#ref(ここに画像のURL)
名前 烏瓜 梓(からすうり あずさ, Karasuuri Azusa)
危険度
人間友好度
活動場所 妄想郷 妖怪の山
種族 化け狸
能力 ありとあらゆる妖術を駆使する程度の能力
二つ名 陰神刑部狸の末裔 プラズマ団・団員1号
性格・特徴 気性が激しく、一度火が付くと誰にも止められない。
職業 化け狸
所在 妄想郷 妖怪の山 中腹の湖のそば
年齢 150歳
登場作品、SS 東方金水泡 Plasma Stage 中ボス
身長 かなり高い(170cm以上)
体重 確認不可
外見・服装 15~16歳程度の外見。赤みがかった茶色のカーリーな肩までのロングヘアで、モミアゲは横ロール。
頭の後ろにお札で作られた白色のリボン。お札には渦巻模様が描かれている。
服装は、フリル付きの白いシャツに、白のロングスカート(渦巻模様のシールが貼られている)。白いブーツを履いている。
黒い瞳で、気の強そうなキツイ目つきだが、何やら普段と様子が違い、何処か可笑しい。
関係人物 冠木 りん(親友)、???(スキマ妖怪)、大月 多摩(離れ離れになった旧友)
好きなもの 人間や妖怪を化かすこと、冠木りん、科学万能主義の大学教授、白いもの
嫌いなもの 親友を傷付けるもの全て、向上心を失った無気力狸、スキマ妖怪、スカラー波

四国八百八狸の一員であり、陰神刑部狸の子孫。
腑抜けた一族を見限り里を抜けた後、妄想郷に辿り着き、山の「公害異変」後に「八百八狸異変」を起こした張本人。
主人公に退治された後、お詫びの印に河童の会社の再建を手助けし、化け狸の技術提供を行った。
河童と共に未来技術の研究に没頭しており、その研究中に、河童と共に行方をくらました。
しかし、主人公の目の前に再び現れた彼女はどこか様子がおかしい。
普段から怒りっぽい性格をしており好戦的ではあるが、怒ってる風でもなく、むしろ何かに取りつかれているようだ。
曰く、神羅万象すべての物事はプラズマによって説明できるらしい。
主人公には言ってる事がさっぱりなので、とりあえず、こいつを叩きのめす事にした。


スペルカード ※Extraステージ2中ボスの上位版
1枚目 昭和「大木(おおき)のこだまとひびき」(Plasma) アンサイクロペディアで「うわん」の項を参照
2枚目 天狗「記名丸文」(Plasma) 「おお、こわいこわい」
3枚目 白化の怪「駿府城前を徘徊せし白澤図の封」(Plasma) 妖怪「封」登場
4枚目 白い正体不明「八百八人白いヒトガタ大点滅」(Plasma) 「白いヒトガタ」登場
5枚目 白溶裔「エクスパンデッド・ダストクロス」(Plasma) 妖怪「白うねり」登場
ラスト 白い聖電光「セントエルモズ・ファイア」(Plasma) 「セントエルモの火」:プラズマによる発光現象


元に戻る