※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

輪道 妖廻

名前 輪道 妖廻(Rindou Ayane)
危険度
人間友好度
種族 人間?
能力 前世の経験を引き継ぐ程度の能力
二つ名 六道輪廻の証明者
所在 無縁塚
外見・服装 黒髪ショートの頭、
上が着物チックな衿で下がスカートという幻想郷の和洋折衷な衣服など、
幻想郷の住人としてはいたって普通の姿。
強いて言えば、服の真ん中に六等分に線引きされた円形のレリーフがついている。
スペルカード
輪廻転生「パラレルリインカーネーション」等

解説

人は死後に6つの世界線のどれかへ生まれ変わる、それが輪廻転生である。
妖廻は得た技術・知識を「経験」とし、生まれ変わった後も引き継ぐことができた。
しかし、記憶だけは自分の能力と大雑把なものしか引き継げない。
妖廻は能力を自覚して、極楽・楽園を目指した。
その為にひたすら技・知識を磨き、ついに「天道」に生まれ変われた。
しかし、その後の生まれ変わりからは二度と天道に行けなかった。

なぜ生まれ変われないのか?
何か自分が神様に対してやらかしたのか?
いくら考えても詳細な記憶は覚えてないから理由もわからなかった。
しかし、天道が良い世界だったのは大雑把に覚えているので戻りたかった。

はじめは真面目に理由を探して修行もしてみたが、結果は毎回人間道。
そのうち無気力になり、ダラダラした生活を送るようになってしまった。
得てきた経験も生かさずに適当に過ごし、適当に来世を待つ一生を繰り返した。

しかし、今生でようやく幻想郷の存在を知り、少しだけ希望が見えた。
無縁塚で野宿をしつつ、また手がかり集めを始めたのだ。