※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

賢淵 茜

名前 賢淵 茜(かしこぶち あかね)
種族 絡新婦(じょろうぐも)
能力 糸を操る程度の能力
二つ名 偏食の八足才色
関係者 天狗全般:以前食事の邪魔をされかけたことがあり、一方的に敵意を抱いている。
上白沢慧音:里に来る目的は看破されているが、前途の通り実質無害なので放置されている。

400年以上生きた蜘蛛が変化した妖怪。人間の男が大好物。
糸を生みだし、獲物を捕えたり、琵琶の弦として使ったり……と、
まるで自分の手足のように扱う。普段は滝壺に棲んでいるが、
時々里に下りてきて、自分の糸で織った布を売ったり、
琵琶を弾いたりして人間とも良く触れ合う。しかし、実は己の美貌で
魅了されそうな男を見つけて食べてしまおうと考えている。
が、恐らく惚れる男は永遠に出ない。何故なら背中から
4本の巨大な蜘蛛の足が生えているから。
(本人は足が生えているのを自覚しているが、むしろ
チャーミングポイントだと思って消していない)



スペルカード
糸符「白線の内側までお下がりください」
縛符「絡まる蜘蛛の巣」
絃符「弾き語り平家物語」
仏情「カンダタの糸」
京極「絡新婦の理」