※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大禍 虞

名前 大禍 虞 (おうま おそれ)
種族 逢魔時
能力 噂を操る程度の能力
二つ名 夕暮れ時の恐怖の噂

暗くなる時に出現する噂好きな妖怪?。
日が沈む夕方に不吉な感じを感じたら彼女が貴方を見詰めているのかもしれない。
彼女は人を喰らうような危険な妖怪ではないが、不吉な気分を長々と味わいたくなければ
その場から早々と逃れるべきであろう。
噂を操る程度の能力を所詮は噂と侮ると酷い事態になる。噂とは根拠のない無責任な噂を意味する言葉であるが、その噂が明確な根拠も無いままに広まれば、真実として認知され始めて何らかの力を発揮する。それ自体はなんら力が無い能力
であるが、ある意味では恐ろしい能力であろう。
不吉な彼女を慕う存在などは誰も居ない。誰だって自分の噂が流れるのは嫌な事である。
それに「彼女に出会うと不幸になる」「彼女に出会うと喰われる」といった類の不吉な噂も絶えない為、彼女と多くの妖怪や人間が無関係を貫いている。
でも、実際に彼女に付き合ってみると人の良い妖怪で軽々しく噂も流したりしないし、不幸を起こしたりもしない。結局の所は人々は噂に翻弄されている過ぎないのである。そんな下らない噂話に翻弄される人々をこっそり眺めて今日も彼女は楽しんでいるのだろうか。

スペルカード
蜚語「ゴシップホラー」
心理戦「弾幕のプロパガンダ」
伝播「恐怖のコミュニケーション」
逢魔時「魑魅魍魎の起床」
都市伝説「20世紀の妖怪伝説」
元ネタ:
  • 蜚語「ゴシップホラー」
噂話でも恐怖体験の噂話だと怖いです。夜、就寝する時に思い出しますと安眠妨害です。 

  • 心理戦「弾幕のプロパガンダ」
プロパガンダとは、特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する宣伝行為です。例を上げれば大本営発表ですね。
最終的にはアメリカ軍を撃退して勝敗が逆転した発表すら行ったそうです。信用出来ませんね。


  • 伝播「恐怖のコミュニケーション」
「口裂け女」「赤マント」といった話は子供達の口コミから始まり、新聞やラジオといった情報媒体を介して広まり大騒ぎになりました。
パトカーも出動したみたいですね。他人と情報交換するのは良いですが、真実を見極めないと大変な事になりそうです。

  • 逢魔時「魑魅魍魎の起床」
夕暮れ時は妖怪達が起床時間です。寝惚けた妖怪に襲われない様に夕暮れ時は周りに注意して歩くことお薦め致します。君の後ろに黒い影。

  • 都市伝説「20世紀の妖怪伝説」
生物には環境に適応する能力がありますが、どうやら妖怪にも適応する能力はあったみたいですね。
「口裂け女」「人面犬」「トイレの花子さんなど」といった20世紀の妖怪の方々は外の世界で元気に暮らしているのでしょうか。
添付ファイル