※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アテ・ティタニア

名前 アテ・ティタニア
種族 不明(女神とも妖精とも人間とも)
能力 混乱と破滅を招く程度の能力
二つ名 裸足で歩く災禍
外見・服装 服装:妖精たちと同じくらいの体格の幼女(妖精扱いされることも)。
服は「極めて豪華なドレスのなれの果て」といった感じのきれいなボロをまとっている。
彼女なりのこだわりがあるらしく、何着も持っている。
性格・特徴 いつも楽しげに軽薄にヘラヘラ笑っていて親しみやすいが、
時折言葉に毒や皮肉を織り交ぜる。子供らしい身勝手さと
狡猾さが混乱と不幸を招く。

遠い遠い昔に天から追放された女神だった者。
とうに神だった記憶も失い、ある時は人間として、ある時は妖精たちと混じって生活してきた。
彼女の能力は、相手を的確に惑わし不幸にすること。能力を抜きにしても彼女の悪意ある言葉は人を破滅に導く。

スペルカード
迷符「悲劇の誕生」
迷符「重き誓言」
妄符「繰り返される過ち」
妄符「裸足で踏みゆく者」
破滅「忌まわしき長姉」
救済「後を追う祈りの声」