※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前 甲(偽名)
種族 人間
能力 不浄を浄める程度の能力
二つ名 奈落の修羅姫
性格・特徴 普段は何処か生気が無く心が読めない。戦闘時は「般若」。
職業 秘密結社首領
年齢 不明
趣味 捕らえた妖怪への拷問、公開処刑
特技 弾幕ごっこ(ただしやりたがらない)
身長 不明
体重 不明
外見・服装 普段はみすぼらしい布の外套に身を包んでおり、顔しか見えない。
戦闘時、どす黒い鎧に陣羽織、無銘の大太刀を一本携える。
黒い流れるような長髪が二本角の飾りが付いた烏帽子から垂れている。
3サイズ 不明
関係人物 博麗神社? 妖怪の賢者?
座右の銘 悪鬼必滅
好きなもの 不明
嫌いなもの 妖怪 皮肉 回りくどい言葉 酒 冗談

人里のとある集団を統括する人物。
その集団を取り纏める意思とは、「幻想郷の妖怪の撲滅」である。妖怪に恨みを持つもの、持て余した力を暴れさせたきもの、人に行えば許されざる行為欲求を妖怪にぶつけたきものと様々だが、根本で繋ぎ止めるのは彼女の資質とそれである。
烏合の衆に睨みをきかせるだけの存在かと思いきや、その力は配下が束になっても敵わないという。そして人の身でありながら浮遊する術を得ており、弾幕ごっこをこなせる数少ない者の一人である。
その実力は博麗一族と拮抗する退魔師であった一族の末裔であるからだとか、正気と引き換えに得た人も妖怪も超える外道禁忌の力だとかと色々言われているが、詳細は不明である。
その目は結社を統率する有無を言わせぬ言動挙動とは裏腹に常に虚ろで光が無い(その為誰も彼女と直接目を合わせないという)。
しかし一度妖怪を退治するとなれば鈍い光が宿り、その姿はさながら修羅か羅刹であるという。


台詞
「覚えているか貴様は。我が家族の肉の味は如何だった。」
「これ以上話を横道に逸れさせるなら、最早語る事も無い。」
「何が弾幕だ!何が決闘方式だ!そんな急ごしらえの貴様らが勝手に案じた法…ならば何故父と母は無意味に弄ばれながら屠られ、骸を食われもしなかった!」
「父上…母上…っく…ううっ……。」