※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

邪気醒 眼在

(左)
名前 邪気醒 眼在(じゃきさめ めあり)
種族 人間
能力 主にメアリー酒を作る程度の能力
二つ名 醸造の魔法使い
性格・特徴 楽天的で自分勝手。楽しければそれでいいと思っている。実は寂しがり。
職業 自称錬金術師寄りの魔法使い。実際はアルコール事業のもぐり。
年齢 十代前半
身長 やや低い
体重 乙女の秘密
外見・服装 某白黒の魔法使いが着ているような、黄色と黒が主体の魔女服。
髪色は紫。目の色は赤。巨大な一升瓶を持っておりそれに跨って飛ぶ。
3サイズ 幼い少女から成熟した女性へ生まれ変わる乙女特有の薄いながらも
自己主張するかのように僅かに膨ら(ry
関係人物 黒礼記子 徴 オーリス・マガークロイド
好きなもの 何事も楽しむ事 極める事 メアリー酒
嫌いなもの 楽しもうとしない事 中途半端 メアリー酢

妄想郷の特産物である邪気の酒の愛好家。多くの場合忌まわれているメアリー酒を寧ろ楽しんで味わえる派の数少ない人間。
その為妄想郷にやってくる中でも破天荒な人物・物品は特に歓迎している。
彼女は「ミニ醸造炉」なる円形小型の酒樽のようなマジックアイテムを所持しており、彼女曰く独特の「匂い」のする人物に向けてその炉を翳せば
邪気やらメアリー酒気やらの気体を吸引する事が可能で、それをその場で小瓶等に注ぎ移せば、美味な銘柄が一品で出来上がるとされる。
和酒、洋酒、邪酒、男酒、最強酒…彼女は今日も未知の美酒を探して、注意事項無視等で新参の問題児が暴れる事で度々引き起こされる妄想郷の「異変(?)」に、楽しそうに首を突っ込む。そこで出会える美味なる邪気の酒を求めて。


台詞
「おっす記子に徴。お前らも来ているって事はいよいよこの先にいるのか。」
「お前が期待の新人か、良いねえ漂う匂いが既に香ばしいぜ。」
「突き抜けてしまえば良いのさ、何事も中途半端は良くないぜ。
酸っぱさだけが残るならいっそそうした方が良いと私は思うね。」