※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イミエーナ



フィーリー暗い森で保護した少女。
暗い森に生息する怪物に乱暴をされ、仔を孕まされてしまっていたが運良く流産してしまい学者達の研究材料になることはなかった。
だが怪物に仔を孕まされた事実は隠しようが無く、彼女の住んでいた村人達は彼女の受け入れを拒否してしまい、彼女自身も精神的な苦痛から記憶と言葉のほとんどを失ってしまっていた。最近はトパルの努力のかいもあってか、徐々に喋れるようになりはじめている。
それを見かねたフィーリーが彼女を養うことを決意し連れ帰る。
イミエーナという名前は名前の分からなかった彼女のためにフィーリーが付けたもの。
フィーリーエトルハイムを離反した際に連れられて共に国を抜けている。


関連項目