※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

真理の探究者

■基本データ
【コロナ】 光翼騎士
【ミーム】 オリジン/
【ブランチ】パットフット/
【消費経験点】0(能力値:0 特技:0 装備:0 パスの追加:0 ブランチの追加:0)

■能力値/耐久力
【能力値】    肉体:11  技術:5  魔術:8  社会:6  根源:4
【戦闘値元値】  白兵:5  射撃:9  回避:3  心魂:5  行動:16
【戦闘値修正値】 白兵:5  射撃:9  回避:3  心魂:5  行動:16
【HP】     元値:19  修正値:92
【LP】     元値:8  修正値:8

■宿命/特徴/闘争/邂逅
 宿命:   特徴:   特徴効果: 
 闘争:   邂逅: 

■初期パス
 【因縁】からの

■準備された装備
 部位:名称(必要能力/行動修正/ダメージ/HP修正/射程/備考/参照P)
 右手 :計算尺            (必:-/行:+10/ダ:-/HP:-/射:-/輝く紋章相当 SC165)
 左手 :ビームシールド        (必:魔4/行:+0/ダ:-/HP:+20/射:-/LF167)
 胴部 :ローブ            (必:社2/行:+0/ダ:-/HP:+3/射:-/SC152)
 その他:大砲             (必:-/行:-12/ダ:<肉>44+6d6/HP:-/射:遠/要マイナーで弾込め SC147)
 乗り物:               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―)
 予備1:               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―)
 予備2:               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―)
 予備3:               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―)

■コロナ特技
【SC102/自/常/なし】◆光翼の盾
 常にダメージ-[ソフィアが合致しているフレアの枚数×10]
【SC102/自/オ/なし】◆銀の守護者
 宣:攻撃判定直後。[エンゲージ]内の攻撃対象を自身へ変更し、リアクションを行なう。【最大HP】+50
【SC102/自/オ/フ1】きらめきの壁
 宣:命中直後。対象が[範囲]の攻撃を自分1人に変更する

■ミーム特技
【LF105/自/効/なし】◆商品在庫
 「分類:一般」のアイテムを、[常備コスト:30]点までいくつでも[常備化]できる
 経験点を追加して31点以上常備化することはできない
【LF105/自/オ/フ1】アエロ蒸着
 宣:[マイナー]直前。メインプロセスで行なう攻撃の属性を<魔>に変更
【LF106/自/オ/2H】クイックロード
 宣:[マイナー]直後。武器の弾込めを瞬時に行える
【LF106/自/常/なし】特殊火薬
 「種別:射撃(銃/火砲/誘導兵器)」のダメージ+4D6(計算済み)
【LF106/自/マ/2H】※パイロライト弾
 「種別:射撃(銃/火砲/誘導兵器)」の武器を用いた攻撃のダメージ+16

■装備
[SC147]大砲(部:そ/射:遠/HP:+0/行:-12)
 【肉】×4+2D6。マイナーで移動不可、要弾込め
[SC152]ローブ(部:胴/射:-/HP:+3)
 儀礼用有
[SC165]計算尺/輝く紋章相当(部:片/射:な/HP:+0)
 【行】+10。盾に描く場合は盾のコスト+10/+5
[LF166]ビームシールド(部:胴/射:-/HP:+20)
[LF194]パットフットチーズ(部:-/射:な/HP:+0)
 【HP】を【肉】だけ回復する。タイミング:マイナー。消耗品
[LF195]EXポーション(部:-/射:至/HP:+0)
 「ブランチ:パットフット」専用。対象:範囲。【HP】を[3D6]回復。タイミング:マイナー。消耗品
[LF195]空間障壁(部:-/射:至/HP:+0)×3
 「ブランチ:パットフット」専用。受けるダメージを-[3D6]。ダメージロール直前に宣言 消耗品
[LF197]ブドウ弾 (部:-/射:な/HP:+0)
 [種別:火砲]を[範囲]化、相手が[モブ]か軍団武器所持の場合ダメージ+10

■属性防御
 肉体:× 技術:× 魔術:× 社会:×

■戦術、設定、メモなど
「知りたいという気持ちが、人の未来を拓くのよ。その気持ちを、あなたに踏みにじらせやしない!」
 幼い頃から、それは近くにあった。異世界から流れ着いたという界渡りの品々。キミはそれら未知の技術の産物を研究し解析するパットフット族の家に生まれた。キミの家族は交易を生業とし、そのかたわらにそれらの界渡りの品を使えるように調べたり、コピーして売ったりしていたのだ。
 そんな界渡りの品について、もっと知りたいと思い始めたのはいくつの時だったろう? いつしかキミは、いっぱしの研究者になっていた。もっともっと知らないことを知りたい。知らない物を見たい。そんな気持ちに突き動かされ、キミは今まで生きてきた。だがそんな毎日は、ダスクフレアの存在を知った時、一変したのだ。
 すべてを飲み込み滅ぼすフレア。彼らは負の太陽だった。ダスクフレアをこのままにしておけば、自分の求めていたものも、やがてすべて失われてしまうだろう。それに気付いた以上、放っておくことはできない。大切な物を、追い求める夢を守るため、キミは武器を取った。
|