※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新米魔法教師

■基本データ
【コロナ】 光翼騎士
【ミーム】 オリジン/
【ブランチ】メイジ/
【消費経験点】0(能力値:0 特技:0 装備:0 パスの追加:0 ブランチの追加:0)

■能力値/耐久力
【能力値】    肉体:11  技術:5  魔術:8  社会:6  根源:4
【戦闘値元値】  白兵:5  射撃:10  回避:4  心魂:6  行動:13
【戦闘値修正値】 白兵:5  射撃:12  回避:4  心魂:6  行動:13
【HP】     元値:19  修正値:89
【LP】     元値:8  修正値:8

■宿命/特徴/闘争/邂逅
 宿命:   特徴:   特徴効果: 
 闘争:   邂逅: 

■初期パス
 【因縁】からの

■準備された装備
 部位:名称(必要能力/行動修正/ダメージ/HP修正/射程/備考/参照P)
 右手 :ベゾムスタッフ        (必:-/行:-1/ダ:<魔>8+2d6/HP:+0/射:至/【射】+1(計算済み) LF162)
 左手 :導師のローブ         (必:肉6/行:+0/ダ:-/HP:20/射:-/プレートアーマー相当 SC152)
 胴部 :               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―)
 その他:眼鏡             (必:-/行:+0/ダ:-/HP:+0/射:-/ターゲットゴーグル相当。【射】+1(計算済み) LF162)
 乗り物:               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―)
 予備1:               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―)
 予備2:               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―)
 予備3:               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―)

■コロナ特技
【SC102/自/常/なし】◆光翼の盾
 常にダメージ-[ソフィアが合致しているフレアの枚数×10]
【SC102/自/オ/なし】◆銀の守護者
 宣:攻撃判定直後。[エンゲージ]内の攻撃対象を自身へ変更し、リアクションを行なう。【最大HP】+50
【SC102/自/オ/フ1】きらめきの壁
 宣:命中直後。対象が[範囲]の攻撃を自分1人に変更する
【LF160/自/オ/なし】教師
 〔SinLV+2〕同意した対象のダイスを1個6にする。ダメージロールでも可

■ミーム特技
【SC114/射/リ/3H】◆魔法反射
 「種別:魔法」に[突返]。[<魔>24+4d6]のダメージを与える
【LF104/自/セ/フ2】環状列石
 1ターンの間、「種別:魔法」の特技 or 「種別:呪文書」のアイテムによる[攻撃][突返]の[達成値]+【魔】
【LF104/射/メ/4H】爆裂火球
 対象:範囲。[<魔>24+3d6]ダメージの[射攻]を行なう
【LF104/自/オ/フ1】フレアリフレクト
 宣:《魔法反射》使用直前。すべての【邪】攻撃に対して、《魔法反射》で[突返]ができる

■装備
[SC153]導師のローブ/プレートアーマー相当(部:胴/射:-/HP:+20)
 情報収集+1
[SC164]眼鏡/ターゲットゴーグル相当(部:そ/射:な/HP:+0)
 【射】+1
[LF162]ベゾムスタッフ(部:両/射:至/HP:+0/行:-1)
 【魔】+2D6。

■属性防御
 肉体:× 技術:× 魔術:× 社会:×

■戦術、設定、メモなど
「ボクの生徒たちに、手出しは許しませんよ!」
 キミは、幼い頃からずっとリオフレード魔法学院で学んできた魔法使いだ。同じ生徒たちの中でも飛び抜けて才能があったキミは、飛び級に飛び級を重ね、まだほんの子供だというのに賢者の資格を得てしまった。それにはたと困ったのは、魔法学院の最高意志決定機関“十二賢人”である。過去に例がないわけではないが、はたしてキミのような子供を賢者としてしまっていいのか? 議論は紛糾したが、結局は大賢者アウゼロンの鶴の一声がすべてを決めた。「そなたは魔法学院の教師となり、教わる立場から教える立場になることで、新たに今まで得られなかったものを学ぶが良い」。そうしてキミは、新米の魔法教師として再び魔法学院の住人となったのだ。
 教師となってみて、確かに生徒とは違う視点があることをキミは知る。オリジンを覆うダスクフレアの脅威、方々からやってくる弧界侵略者たちと他の弧界出身の生徒たち。そして、学院内部のさまざまな謎……。キミは賢者として、教師として、それらと無縁ではいられないことを改めて知ったのだ。「なら、ボクが賢者であるためにも、生徒たちを守るためにも、戦うことから……逃げちゃいけないんだ」キミは今日も決意を胸に、生徒の前に立つ。
|