天叢雲剣


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天叢雲剣について
分類 刀剣
地域 日本
全長 70cm
重量 600g
天叢雲剣は、草薙の剣という別名を持つ、 古事記や日本書紀等の日本神話における宝剣である。
刀工羽山円真翁曰く両刃で錆のない白い剣身、鍔は鉄の一体型、握りは扁平中抜きであるとの事だ。
草薙剣は「草那藝剣」「草那芸太刀」「十束の剣」等とも呼ばれるが、他の語源もある。「くさ」は
「臭し」の語幹であり、「なぎ」は古くは蛇を表す語であった。獰猛な蛇から出現した剣の意でもあったのである。
これが倭建の伝説と結びついたとする説もあるようだ。