ダーク


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

分類 短剣類
地域 全世界、英
全長 25~40cm
重量 150~250g
ダークは、一般的には片刃の短剣であり、柄は革、蔦の根、象牙などが、柄頭には黄銅が用いられた。
また、両刃のものもある。時代が下って18世紀末には、装飾を豪華にするために金銀も使われるようになった。
ダークの柄は握り易そうであるが、鍔は無いに等しいものである為、刺突などの攻撃には向かない
と考えられる。漸撃にはそれなりの効力を発揮したと思われるが、元々日常用としてのナイフで
あるためメインの武器として使うにはいささか心細いのではあるまいか。