サイズ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サイズについて



分類 特殊(長柄)
地域 ヨーロッパ
全長 100~150cm
重量 1.5~2.0kg


サイズ(鎌)は本来は草刈のための農具であり
農民反乱など非正規軍の即席武器として使用された1つである。
頑張っても農具なので直接戦闘用には余り向いておらず
刃が内側にしかないため切る際には相手を間合いまで引き込めねばならず
長柄武器としての利点を失ってしまうことがあるため
主に相手の背後に忍び寄り奇襲、暗殺を仕掛ける目的のほうが向いていた。
こうした奇襲目的であると逆に変わった形状の刃は
相手を逃げにくくするメリットに変わり
暗殺として命を「刈り取る」意味から死神のイメージが付いたものとされている。
尚、日本にも薙鎌(ないがま)という似た形状の武器があるが
こちらは鎌部分の長さが短く、主にフックのような使われ方であった。