バグ・ナウ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バグ・ナウについて



分類 特殊(装備)
地域 インド
全長 10cm~20cm
重量 0.05~0.1kg


バグ・ナウとは「虎の爪」という意味の武器で
金属性の棒に垂直に4つほどの鋭い爪を取り付けた武器で
棒の両端に丸い輪がありそこに親指を入れて握りこむようにして使った武器です。
この武器で攻撃されるとまるで虎などの獣に襲われたような傷になるのです。
また、指の間に刃を隠せば分からないため盗賊や暗殺者など暗器として使われました。

短剣が取り付けられたビチャ・ハウ・バグ・ナウという武器もあります。