十文字槍


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

分類 長柄類
地域 日本
全長 250~300cm
重量 2.8~3.5kg
十文字槍とは、槍の穂先に、左右対称な枝刃を持った槍のことである。
枝刃を片方にだけ持つものを「鎌槍」と言い、両方に持つものを十文字槍、
または両鎌槍・もろ鎌と呼んだ。鎌の方向や形によってさらに細かな分類があり、
「上向十文字」、「月形十文字」などがある。
この鎌はヨーロッパの「コルセスカ」と同じく、敵の攻撃を受け止めること、
引っ掛けて倒すことなどができるようにつけられた鎌で、直槍と比べてかなり多様な
攻撃方法を持ち、使いこなせれば非常に強力な武器であったが、きちんと使いこなすには
相当な熟練を要し、雑兵や未熟な兵士には向かない武器でもあった。