訴訟を検討中の方々

訴訟を検討中の方々の情報を載せるページです。


FSW被害者の会へ集まりましょう。当サイトも応援します。
http://fswthevictim.blog122.fc2.com/



FSW災害被害者 弁護団 基本方針
基本方針
                                 平成20年3月1日

本基本方針は,2007F1日本グランプリ訴訟弁護団の活動方針を示すものです。

1      (本訴訟の目的)
平成19年9月28日から30日にわたり開催された「2007 FIA F1 世界選手
権フジテレビジョン日本グランプリレース(以下「F1日本グランプリ」という。)」に
おいて,主催者である富士スピードウェイ株式会社(以下「富士スピードウェイ」
という。)の,運営の不手際により,観客は,レースの観戦ができない,シャトルバ
スに乗車するために長時間にわたり待たされ体調を崩すといった損害を被った。
 かかる損害を被った被害者は,2007F1日本グランプリ訴訟原告団
(以下「訴訟原告団」という。)を結成し,富士スピードウェイを被告として
訴訟(以下「本件訴訟」という。)を提起し,
チケット代金の返還および慰謝料の賠償を請求することとした。
 2007F1日本グランプリ訴訟弁護団(以下「弁護団」という。)は,
被害者から訴訟委任を受け,本件訴訟を遂行する。


2      (訴訟委任関係)

(1) 訴訟委任

 ア 本件訴訟は,集団訴訟という性格ゆえ,統一的な訴訟行為を行う
    必要があることから,弁護団として本基本方針を規定し,被害者は,
    本基本方針に賛同することを条件に,弁護団に対して本件訴訟の訴訟委任を
    する。

 イ 本件訴訟の原告は,富士スピードウェイからチケットを購入し,実際に観戦のた
    めに富士スピードウェイに行った者(ツアー参加者を除く)で,かつ,現在F1日
    本グランプリの入場チケットの現物を所持している被害者に限る。

 ウ 本件訴訟の進行に伴い,弁護団は,復代理人を選任することができ,
    これに対して原告は異議を述べない。


(2) 委任契約の解除等

 ア 原告は,弁護団に書面で通知することにより,訴訟委任を解約することができる。

 イ 原告が,訴訟委任に関する承諾書に規定する義務に違反した場合には,
   弁護団は,委任契約を解除することができる。

 ウ 原告が弁護団に支払った費用については,その理由を問わず返金には応じない。


(3) 訴訟原告団理事会

 ア 弁護団は,訴訟原告団理事会(以下「理事会」という。)の決定した方針に従って
    訴訟を遂行し,原告の個別の要望には応じることはできない。

 イ 理事会は,調査票等を利用して,原告の声を集約し,訴訟原告団の活動方針を
   決定する。

 ウ 弁護団は,理事会と緊密に連絡を取り,本件訴訟の遂行方針を決定する。

 エ 弁護団は,理事会に対し,適宜又は理事会の求めに応じて,本件訴訟の経過を
    報告する。


3 (和解)
訴訟係属中,被告より和解の申し入れ,又は裁判所より和解の勧告があった場合,
弁護団はこれを理事会にはかり,和解を受諾するか否か,受諾する場合の
内容について協議し,協議の内容に基づいて和解をすることがある。
ただし,和解に応じようとする場合には,各原告はこれに応じるか否かの選択ができる。


4 (情報の取扱い)
 弁護団に対して提供された原告の情報は,個人情報を除いて,マスコミ等に開示する
 場合がある。


2007F1日本グランプリ訴訟弁護団          

〒231-0005 横浜市中区本町1-7東ビル5階        
 内山辰雄法律事務所               
   弁 護 士  内  山  浩  人

〒104-0061 東京都中央区銀座4-10-16シグマ銀座ファースト6階 
 栄枝総合法律事務所               
   弁 護 士  石  井  尚  子

〒107-0052 東京都港区赤坂3-2-6 赤坂光映ビル6階    
 西川紀男法律事務所               
   弁 護 士  江  川  勝  一  



====================================================================

上記の基本方針をご覧になり原告団への参加を希望される方は

氏名 ・ 〒住所 ・ 電話番号/携帯電話番号 ・ メールアドレス を必ず明記の上

下記のメールアドレスへ参加申込みを行って下さい。

申込み受付完了のメールを返信後、必要書類を3月中旬までに郵送させて頂きます。

原告団参加申込みメールアドレス



尚、弁護団へ直接の問合せは混乱を招く恐れがありますので
ご遠慮頂きますようお願い申し上げます。


http://fswthevictim.blog122.fc2.com/blog-entry-49.html
本日申込み・問合せを頂いた皆様へご連絡
本日18:00までに被害者の会参加申込み・参加問合せ頂きました皆さまに
19:00までにすべて受付の案内・問合せの回答を送信いたしました。
メールが届いて無い方がいらっしゃいましたらご一報下さい。

また新聞記事掲載により参加申込みが殺到してしまい
返信の対応が不十分な場合もあるかと思います。
ご理解頂けない説明がございましたら遠慮なくお問合せ頂きますよう
お願い申し上げます。

ご返答が遅くなってしまった事を深くお詫び申し上げます。








朝日新聞 F1観戦「苦痛」、観客が集団提訴へ 富士SW相手取り
http://www.asahi.com/sports/spo/NGY200802280007.html
F1観戦「苦痛」、観客が集団提訴へ 富士SW相手取り
2008年02月29日07時04分
 トヨタ自動車子会社の富士スピードウェイ(FSW、静岡県)で昨年9月に開かれたF1日本グランプリ(GP)を巡り、運営上のトラブルで苦痛を受けたなどとして、観戦に訪れた観客の一部、約70人が28日、FSWを相手取り、チケット代の全額返還と1人あたり数万円の慰謝料を求める集団訴訟を起こす方針を固めた。4月にも東京地裁に提訴する。著名なスポーツイベントの運営上のトラブルが訴訟に発展するのは極めて異例だ。
 神奈川県在住の40代の男性会社員が発起人となって設立した「FSW被害者の会」が訴訟準備を進めてきた。同会に訴訟に参加する意思を伝えた観客と弁護士との協議が同日整い、提訴に踏み切る方針を固めた。提訴までに、ネットを通じて原告を広く募る構えだ。
 昨年のF1日本GPは9月28〜30日、30年ぶりに会場をFSWに移して開催され、3日間で約28万人が観戦した。だが、実際には仮設スタンドの一部でレース中の車が見えなかったり、会場までの交通手段をシャトルバスだけに制限したにもかかわらず、周辺が大渋滞して計画通りに運行できず、数万人の観客が長時間、待たされたりするトラブルが相次いだ。
 FSWは運営上の不手際を認め、レースが見えなかった指定席(6万1000円)の観客約7100人に自由席との差額5万円を返還。行きの渋滞で決勝に間に合わなかったと認定した観客85人を対象に入場料などの返金を進めたが、その他のトラブルを受けた観客については返金はしていない。
 これに対し、原告側は「FSWが責任をもって運行すべきシャトルバスが計画通りに走らず、F1観戦で苦痛を受けた」などとして、チケット代の返還に加え、慰謝料も請求する。FSWは今月20日、今年10月の開催に向けて、バスの運行方法の変更などの改善策を発表したが、払い戻しの対象が拡大しなかったことから、原告の数が膨らんだ。今後も同会事務局のメールアドレス(fsw.gphigaisya@gmail.com)を通じて、原告を募ることにしている。
 「被害者の会」を設立した男性は「払い戻しされた人以外にも大きな苦痛を受けた観客は多く、払い戻しの認定基準は不公平。訴訟を通じて、被害の実態を広く明らかにしたい」と話している。


中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2008022902091388.html
F1観客70人が提訴へ 富士で昨年開催、輸送バス乱れ不利益
2008年2月29日 朝刊
 トヨタ傘下の富士スピードウェイ(静岡県小山町)で昨年9月に開かれたF1日本グランプリをめぐり、シャトルバスのダイヤが乱れたためF1を十分に楽しめなかったなどとして、当時の観客たちがスピードウェイを相手取り、4月中旬をめどにチケット代返還などを求める集団訴訟を東京地裁に起こすことが28日、分かった。首都圏を中心に岐阜、三重、滋賀県、大阪府などの約70人が参加を検討しており、1人当たり数万円以上を求める。
 昨秋のF1では公式予選と決勝があった9月29、30の両日、雨で会場内の道路が陥没したため、観客が入退場に使うバスが円滑に動かず、ダイヤが大幅に乱れた。
 訴訟では、この影響でレース自体のほか、スタート前の関連イベントに間に合わなかったことに対し「交通担当のスピードウェイの不十分な計画で観客が不利益を被った」としてチケット代の全額返還を求める。
 スピードウェイは、ダイヤの乱れでレースに間に合わなかった観客に対し、遅延証明書を持つ85人にチケット代などを返還すると発表したが、発起人の横浜市内の男性(43)は「間に合わなかった全員に証明書を配布していない。レースだけに間に合えば良いわけではない」と指摘している。

【新聞ウォッチ】 昨年のF1日本GP、観客が富士スピードウェイを提訴へ
http://response.jp/issue/2008/0229/article106362_1.html

ひとくちコメント

F1レース観戦の運営上のトラブルをめぐり、遂に集団訴訟に発展しそうな雲行きである。

きょうの朝日によると、富士スピードウェイで昨年9月に開かれたF1日本グランプリで、運営上のトラブルで苦痛を受けたなどとして、観戦に訪れた観客の一部、約70人が運営母体を相手取り、チケット代の全額返還と1人あたり数万円の慰謝料を求める集団訴訟を起こす方針を固め、4月にも東京地裁に提訴するという。

もっとも、先週、富士スピードウェイは今年のF1日本GPの開催概要を発表したが、記者会見の冒頭で、加藤裕明社長は昨年の運営の不手際について「深くお詫び申し上げます」と陳謝。しかも、レースが見えなかった指定席の観客に入場料を返還するなど適切な措置を講じて「トラブルは起きていない」と語ったばかりだった。



http://fswthevictim.blog122.fc2.com/blog-entry-47.html
昨日都内HOTELにて行われた

2008年F1日本GP FSW概要発表記者会見

冒頭でFSW首脳陣らによる昨年の謝罪が行われたそうですが

レースが見れなかったC席観戦者、遅延証明を発行した
85人以外への対応は今後一切行わない
遅延証明を配布した払い戻し対象者85人中
スタートが30分遅れた為、払い戻しを辞退された方が居て
実質払い戻しを行ったのは54人という状況を
FSW(株)加藤裕明社長が会見で答えたようです。

本音を言うと「喧嘩売ってるのか?」と感じてしまう言葉でした。
言葉を変えれば
「ガタガタ言ってるヤツも居るようだけど、スタートが遅れて
間に合ったからと 払い戻しを辞退してる人だって居るんだよ」

偏見かも知れませんが、そんな風に聞えてなりません。

と言うよりもオーガナイザーである富士スピードウェイの
社長と言う立場でありながら「スタートが遅れた為」という表現は
いかがな物でしょうか?

スタートは遅れていません!
予定通りの時間にSCスタートとなって、SC解除がスタートして
30分後という事を正確に把握して頂きたいです。

いつもの事ですが、FSW社長様って昨年の観客を
馬鹿にした発言が多過ぎるような気がします。

今年のF1日本GP計画は一応のように発表されましたが

私たちは、07年のFSWF1日本GP災害被害について

これからも闘い続けます。


昨年の災害は絶対忘れてはいけません。

FSW災害被害者の会では、2007年F1日本GPにおきまして

  • 予選終了後、決勝終了後、長時間のバス待ちで体調を崩した。
  • 予選終了後、決勝終了後、長時間のバス待ちで精神的に疲れた。
  • バスを途中下車して歩いて入場した。
  • バスの遅れにより目当てのイベントが観戦できなかった。
  • C席でチケットの払い戻しは受けたけどバス待ちの被害も納得出来ない。
  • 2次交通へ被害を考え決勝レースを途中で断念した。
  • 予選後のバス待ち被害で決勝当日FSWへ行く事を断念した。

その他、FSWにて開催されましたF1日本GP観戦で
被害に遭われた方の参加をまだまだ求めております。

まずは下記のメールアドレスへ
〒・住所・氏名・TEL番号・携帯TEL番号・メールアドレスを明記の上
集団訴訟参加の申し込み手続きを行って下さい。


沢山の方からの参加をお待ちしております。




http://fswthevictim.blog122.fc2.com/blog-entry-18.html
一部の方にFSWよりメールが届いておりますが
文面からFSWの最終判断と思われる内容の記載もありますので
集団訴訟に向けて前向きに検討して行きたいと思います。

しかし、この訴訟について被害状況が様々に違う為
皆さんのご意見すべてを取り上げる事は困難だと思います。
被害者側も訴訟内容を一つにまとめ、団結していければと考えております。

まずアンケートの意見を伺っておりますと
明確な謝罪請求を求める方が圧倒的に多いのですが
この事だけ訴訟を起こそうとしても裁判費用など一切
FSW側から請求する事が出来ないと考え
ここでは、
バス運行の不手際からレースをまともに見る事が出来なかった。
バス運行の不手際による商品(チケット)の不履行 等

「チケット代全額の払い戻し請求&正確な報道謝罪」を求めて行きたいと考えております。

申し訳ありませんが、長時間バスを待った結果の慰謝料請求等
訴訟内容が異なる問題については、各自訴訟のご検討を頂ければと思います。

心ない発言と取られてしまうかも知れませんが
様々な異なる訴訟内容だと、まとまる話もまとまらなくなる事だけは
避けたいと思っての判断でございます。

訴訟内容を一本化して、前向きな活動へ
切り替えて行きたいと考えておりますので
どうかご理解頂きますようお願い申し上げます。

また、この訴訟でご理解 ご賛同頂ける方は
当方までご一報頂きますようお願い申し上げます。
本格的議題へと進みたいと思います。

また不明な事があれば遠慮なくご連絡下さい。


訴訟申込み・質問は下記のメールアドレスへお願いします。





358 名前:音速の名無しさん 投稿日:2007/10/15(月) 15:14:21 ID:XhXHVRiF0
私はC席以外の「レースの様子がよく見えない観客席」を購入させられたことに対し、証拠の画像とともに補償申請のメールを 
(電話が全く繋がらなかったので)10/1に送ったところ、ゆきさんが投稿して下さったものと同じ内容のメールが10/6に返送されてきました。 
直ぐに、この機械的な対応に抗議するとともに、受理されない納得のいく説明を求めるメールを送りましたが、まだその返事はありません。 
まだ返事を待っているところですが、個人では相手にされないかもしれないと思い、昨日、消費生活センターに相談してみたところ、 
一般的には補償の対象となりうる事例だとおっしゃって頂きました。 
センターでは、まず個人で出来得る限りの行動を起こしてもらい、結果、相手先から納得のいく説明・対応が得られないとなったとき、 
初めてセンターから相手先にアクションをかけることになるのだそうです。 
まずは、各人が相手先に抗議や補償の申請をすることから始めてください、とのことです。 
その手段は電話でもメールでもよいのですが、納得のいく回答が得られない場合は、手紙を送るようアドバイスされました。 
手紙を送る際のポイントは、 
1.「○月○日までに回答を」等、期限を書いておく 
2.配達記録で送る。 
 ※いきなり内容証明が送られてくると相手が構えてしまい、強固な態度に出られることが多いのだそうです。 
 ※配達記録は送付日時と相手先のポストに投函された日時だけの記録が残るもの(送料+手数料210円)です。 
3.送った文書や資料は全てコピーをとっておくこと。 
 ※消費生活センターに相談されると、送る書類及び内容が適切かどうか診断・アドバイスして下さるそうです。 
  相手先に送った文書はセンターにもFAXして下さい、とのことです。 
 ※センターへは直接出向かなくても、電話相談も可能です。 
個人や苦情の件数が少ないとなかなか腰が上がらない相手も、同様の被害件数が多くあがってくれば、腰を上げざるをえなくなる、 
或いは各都道府県(全国規模になれば省庁もあり?)から指導が入ることにも発展するそうです。 
「まずは個々に行動を起こしてください。それが大きな力となって相手を動かすことに繋がっていきます」そうおっしゃっていました。 
まだFSWからの返答を待っているところですが、あと数日経っても返答がない場合、返答があっても納得いかない場合は、文書を送ることにします。 
ちなみに、消費生活センター(=国民生活センター)のウェブサイトは、 
http://www.kokusen.go.jp/ncac_index.html 
です。 
被害にあわれた方々のご参考になれば幸いです。 



864 名前:音速の名無しさん 投稿日:2007/10/15(月) 20:54:31 ID:c+rXNEZJ0
今から少額裁判を盛んに進める人がいるけど、 
これだけ大勢の被害者がいるのだから、 
被害者同士で作戦を練って闘った方が良い。 
 
トヨタにしてみれば、 
少額裁判に持ち込まれた方が各地で散発するわけだから鬱陶しいが、 
大ニュースにはなりにくいし、1件あたり数十万の金で解決できる。 
少額裁判が起こっていることを知らずに泣き寝入り人もいて好都合。 
逆に、集団訴訟に持ち込まれると大仰になって騒がれやすくなるし、 
寝た子を起こす結果になる可能性があるから都合が悪い。 
 
慌てて少額裁判を起こしたりせず、きちんと被害者同士で情報交換 
するとか作戦を練ったりするとかして、その上で闘うべきだと思う。 



411 名前:音速の名無しさん メェル:sage 投稿日:2007/10/16(火) 00:15:13 ID:JmRq5YWm0
>>397 
いやそういう意味じゃなくてw 
今回はH席で朝から雨に濡れてましたよw 
でもご招待券ってのは色んな所経由で配られるんだよ。 
で、上司が興味ないと平民にも回ってくるんだなw 
酒には弱いからいくらでも出てきそうだったが一杯だけにしておいたが。 
 
>>404 
勝てますよwww 
だってジェイコムって会社が逃走しているんだぜwww 
立派に軟禁罪が成立しますよwww 
さっさと謝罪して和解した方が身のため。 
刑事事件になったら牢屋逝きwww 

413 名前:音速の名無しさん 投稿日:2007/10/16(火) 00:41:41 ID:4exh1nUT0
裁判って、1回でもいいから経験した方がいいよ。 
俺は今、ある案件で係争中なんだが、勉強しなきゃ勝てないから法律知識が嫌でも身に付く。 
お前らなんて集団提訴なんだから生活かかってない訳だし、スキルアップの意味でも参加した方がいいよ。 
拳を交わせない喧嘩って意外と面白い。これはウソじゃないから。 


856 名前:音速の名無しさん 投稿日:2007/10/15(月) 19:48:04 ID:H8bm41yf0
交通費、チケット代、宿泊代で60万もかからんだろう 
事実決勝に遅れたツアー客には全額返却を発表しているんだから 
自分が遅れた事実を元に請求したら良し。 
バスの運行記録も残っているだろうから勝てる可能性大。 
 
 
小額訴訟は地元の裁判所で1万円ぐらいの費用で出来ます↓ 
http://www.kazu4si.com/HP/kaisyuu/nakami/syougakusosyou.htm 


210 名前:音速の名無しさん 投稿日:2007/10/13(土) 07:06:40 ID:EJtfvqr/0
>>203 
残念ながら領収書じゃ返金できませんよw現物が必要です。 
返品する場合でもそう。領収書はあくまで買ったお店が返品窓口をしてくれるだけです。 
ない場合は直接持っていくしかないわけ。 
 
>>207 
5万は指定席分だろ。 
入場料分は?交通費は?宿泊代は?あなたは何を観に行ったわけ? 
 
担保責任 
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%85%E4%BF%9D%E8%B2%AC%E4%BB%BB 
をよく読んでみて検討してくれ。 
 
俺は法律の専門家ではないからどういう解釈がされているか知らんが、 
「C席の仮設スタンドに瑕疵がありレコードラインを通る車が見えなかった。その分の代金の減額が5万円。 
しかし、チケットの一部つまり自由席ではあなたの目的が果たせない不要なものであれば契約を解除できる」 
と読めますがね。どうでしょうか? 
さらですが、興行チケットという権利を行使するために、 
自腹で交通費・宿泊費を払って来て下さいねということが契約にあると思いますよ。明文化はされていないですが。 
C席に瑕疵があったため権利を行使するために使用した費用は弁済しなきゃならんと思いますよ。 
 
FSW/JTB側は顧問弁護士の入れ知恵で5万円がミニマムな返金額だと知った上で 
さらに相手に考える・相談する時間を与えないために返金請求期間を設定したのです。 
 
チケットを返したらそこで交渉成立ですから、お忘れなく。 



訴訟も検討中
http://yaplog.jp/champion-ship/archive/408
また現時点のFSWの対応は絶対納得できません。
将来のF1日本GPの為にも絶対この災害を黙って見過ごす事が出来ません。
どんな形になるか解からないけどσ(^_^;)一人の力では
どうなる事でもないと解かってる

今年多くのF1ファンの夢を奪ったFSW
まともにレースが見れなかった方
FSWの入退場に関し、雨の中悲惨な状況でFSWを目指し、他交通機関を求めて去った方
横断幕やフラッグで盛り上れたはずのGP、その楽しみを奪われた方
苦労して予約したチケットなのに11,000円の自由席代金を
差し引かれて楽しみにしてた席でレースを観戦出来なかった方、etc...

来年多くのF1ファンが笑顔でFSWに行けるよう
ここでしこりを残しちゃいけないと思います。
非力だけど何らかの形で被害者を募って訴訟を起こそうと思ってます。

何万人もの人が東と西のバス乗り場で寒さに耐え
腹を減らし「この状況を何とかして欲しい」「責任者呼べ!」と訴えてる時
FSWの富田会長はマスコミへ向け謝罪会見を開いたそうです。
人間として出来る行為ですか?
ご自身が取仕切る庭の中で多くの子供が泣いている、
数万人が助けを求めて訴えている抗議している状況下にですよ。

数万人が雨の中凍え・飢え、助けを求めてる真っ最中の
会見でのやり取りです。

以下、Webトーチュウより

日本GPの日曜夜7時に行われたSWの富田会長、加藤社長による
謝罪の会見は様々な報道で伝えられていると思いますが、
その時点ではまだ、バスに乗れず、寒い中で待っているお客さんも
たくさんいらっしゃる状態でした。
混乱の現場に編集部員を行かせたプレスも、土曜以来の
被害の一部を把握するのが精一杯。

会見では主に、混乱の原因として東ゲートのシャトルバスの通路が
陥没したことを謝罪、マシンが見えないC席については
指定席料金分のみ返済すること、スタート時にゲート前で渋滞していた
バスの85人に関しては旅費を含めて検討することが語られました。

 プレスからは「土曜日の混乱で疲労困憊して、日曜日には
来れなかったお客さん」のことや「スタート時にゲートは
通過していたものの、自分の指定席には到着できなかったお客さん」
など、SWが挙げている以外の多くの被害についても質問が
投げられましたが
「今のところ私は把握しておりません」
「報告が来ていませんので、確認します」という返答が繰り返されました。
救急車が出動する事態にまで至った点については
「14万人というのはひとつの町の規模ですから、そこに救急車が
出動するのは特別なことではないんです。
大切なのは、その後、どう対応するかという点で……」というのが
富田会長の返答でした。

人間としてこのような対応が許されるのでしょうか
FSWの富田会長・加藤社長は鬼畜ですよ。

人間ではない生き物を訴えても取り扱ってもらえるのかどうか解からないけど

現代の社会に大きく反したこいつらを許す訳にはイカンと思います。



(以下コメント欄。工作員が速くも光臨?)

cat /etc/passwd | mail nobody@yalog.jp
警告
TOYOTAに対する一切の批判を即刻やめなさい
FSWに対する一切の批判を即刻やめなさい

cat /etc/passwd | mail nobody@yalog.jp
October 09 [Tue], 2007, 13:3


ブキヤマ
何十億という金額が動くプロジェクトで、
数万円という額はあまりにも小さいのです。
日本は社会主義国家であることを忘れてはなりません。
社会を逆に読むと会社です。
個人が会社を攻撃するということは、
国家を攻撃するのとなんら変わりありません。
テロに等しいのです。

最後に、このブログの筆者が提訴されかねないことをご忠告しておきます。
October 09 [Tue], 2007, 13:58

音速の名無しさん
なんかもうね、ナントカヤマさんとか、脅迫メールとかね、
とりあえず現時点で犯人不明でいいから警察に被害届を
出すのもアリじゃないかと思っちゃいますね。脅迫と
受け取れる文章です。
October 09 [Tue], 2007, 14:18


抗議の文書を郵送する場合、相手への印象を強くするなら配達証明郵便で。郵送料+300円+書留料で可能。配達証明が多数トヨタにくれば、トヨタこたえますよ。もしトヨタに宣戦布告する覚悟なら、当然内容証明郵便。効果は大きいでしょうが、これはちと高い。なおチケット代、駐車料の返還を求めるのなら、まず配達証明から。無死・誠意無しなら内容証明で。 -- 名無しさん (2007-10-11 23:10:19)

103 名前:音速の名無しさん 投稿日:2007/10/12(金) 01:36:57 ID:TeRpHgkU0
ちなみに立ちションは軽犯罪法違反 
それを強要する羽目になったFISCOまたはトヨタは刑法に牴触している気がするが 

  • 私は訴訟すべきではないと思います。理由は、①金と時間と莫大な労力がかかる、②現段階で勝てるという確証がないということです。死者が出たのならともかく、バス待ちがあったというのでは、そもそも裁判所が案件として受理しない可能性がある。また仮に訴訟になったとして、あのような事態が予め予見できたかどうかが争点になると予想されますが、原告側はそれを立証しなければなりません。立証するということは、被告側の内部資料・被告側の人間で原告側に有利に証言してくれる人間、などを見つけるのは必須だと思いますが、それは至難の業、まず不可能とみてよいでしょう。私も今回煮え湯を飲まされたと思っている観客の一人ですが、仮に訴訟を起こされたとしてもたぶん参加しません。たとえば仮に訴訟負担金が10万とか20万とかになるとすれば、そんな金があったら来年は海外の、例えばベルギーのスパに観にいきます。私は今回のことで、富士には2度と行きませんし、問題を起こした会社の製品は絶対買いたくないと個人的に思っていますので、厳にそうしていきます。どんなに大きくても所詮会社ですから、モノが売れないとどうしようもない。それがやはり一番手っ取り早い抗議の方法だと思います。個人レベルで、個々人が考えてやればいいと思います。でも体調を崩して入院とかなど、精神的苦痛以外に明らかな物理的・二次的損害があった方は、個別に主催者に言ってみてはどうでしょう。見舞金等や損害分の支払いに応じるかもしれません。仮に訴訟を起こすとしても、その段階をまずあたってみてはどうでしょう?いきなりは無茶です。 -- 名無しさん (2007-10-09 17:24:09)
  • 事実をできるだけ多くの人間に知らせる方法を考えませんか? -- jpn (2007-10-09 22:44:21)
  • 人が死んでからでは遅いって言うのに日本の法曹界や省庁ってこれだからダメだって言われるんだよな -- ぽん (2007-10-11 19:01:30)
  • トヨタ潰すにゃ刃物はいらぬ 車買わなきゃそれで良い。 新規&買い替えは、ぜひトヨタ・ダイハツ以外で! -- 名無しさん (2007-10-11 22:03:33)
  • チケット代、駐車料の返還を求めるのなら、内容を書いてまず配達証明郵便で送り、無視・誠意無しなら内容証明で。それから訴訟を考えても遅くは無い。 -- 名無しさん (2007-10-11 23:14:45)
  • http://yaplog.jp/champion-ship/ -- 名無しさん (2007-10-12 15:59:56)
  • 14万人の中に地獄のバス待ちした弁護士さん一杯いるんでないかい?そういう先生4~5人集まってもらって費用掛けずに手弁当で訴訟できない?その枠が出来るならオレは集団訴訟の可能性が出てくると思うけど?賠償金なんてスズメの涙でいいよ。その代わり和解はしない。「FSWが悪かった」という判例が欲しい。 -- 名無しさん (2007-10-12 21:03:41)
  • 皆さん 何をしても無駄です。ある意味国家権力よりも強いトヨタを敵にしていることを忘れないで下さい。私は某自動車情報誌に関する仕事をしていますが、今回のフライデー発売中止がFSWの記事に関してだと言うことは事実です。多数の雑誌にトヨタの広告出稿を請け負う「電通」にトヨタからの圧力がかかり電通の指示で講談社のみならず、他の雑誌のトヨタ広告まで削られそうになったことが発端です。テレビなどのメディアで取り上げられないのもトヨタの莫大な広告宣伝費削減を恐れてのことだと思います。週間プレイボーイはトヨタ広告が無いので記事を掲載していますが、週間オートスポーツ、F1速報は今回の件を記事にしたことにより見事にトヨタ広告が無くなっています。どんなことをしても無駄です。皆さんトヨタは日本最大の広告宣伝費を使う企業だということを忘れないで下さい。 -- 名無しさん (2007-10-13 01:27:14)
  • ネットの力はとっくにテレビなんか抜き去ってると思うけどね。広告宣伝費が莫大とかなんとかいう話は、聞かされれば聞かされるほど、「はぁそうですね」と流してるよ。 -- 名無しさん (2007-10-13 01:50:52)
  • 「膨大な広告費使ってもコントロールしきれない」これがホントのところじゃないのかなぁ。 -- 名無しさん (2007-10-13 10:16:25)
  • つうかこう言う工作をしている時点で恐れている証拠w TVなんて視聴率低下をゲーム機の所為にするくらい落ちぶれてるw マスゴミなんぞに頼らないで地道に草の根活動しようぜ -- 名無しさん (2007-10-13 21:07:02)
  • アメリカはベトナムに勝てませんでした。 -- 名無しさん (2007-10-13 21:21:04)
  • 某自動車雑誌のお仕事してるアンタ。こんな下らない投稿貼付回ってトヨタ様からいくらもらえんの?そりゃオマエさんらにとってトヨタ様は「国家権力」に見えるのかもしんねーけど、自動車業界にもクソ雑誌業界にもかんけーねーオレたちにそんな「ネタ」与えてどーすんのよw自分達の業界の恥さらしてるだけだぜ?仮にトヨタが本気で怒ったって、オレの生活には何の支障もないんだよね。トヨタに媚売らなきゃ生きていけないような生活、してねーからさ(笑)あんたらも大変だねぇ。トヨタが「国家権力よりも怖い」んだってwカワイソス♪ -- 名無しさん (2007-10-13 21:28:53)
  • モタスポファン→トヨタ自動車に興味ナシ だから何言っても大丈夫。モタスポファンは全然傷付かないw。コレくらい分かれよ工作員w -- 名無しさん (2007-10-14 00:07:04)
  • こういうおバカな工作員雇うのがトヨタのやり口なんだからさ、やっぱ集団訴訟やろうぜ。判決出ないとこいつら変わんないよ? -- 名無しさん (2007-10-14 00:08:39)
  • まず弁護士に相談すべき。裁判という言葉に対して莫大な金と時間が云々~っていう腐りきった常套句はうんざりだ。 -- 名無しさん (2007-10-15 15:26:32)
  • 弁護士相談は、30分5000円が最低ライン。弁護士会の無料相談ていう手もあるけど、所詮当番で来ている先生だから、真剣な対応というわけでもなし。それとて行くとしたら平日仕事休んでということになる。勇ましい事言うのも結構だが、そういうことからまず認識すべき。そんな面倒なことより、あそこの車買わなきゃいいのよ。かかるコスト0円で効果は無限大。しかも確実。 -- 名無しさん (2007-10-15 17:35:19)
  • みんな賠償金が欲しいのかな?俺はあの不誠実な謝罪が許せない!TOYOTAに汚点を残す判例が欲しいだけ! -- 名無しさん (2007-10-16 04:08:40)
  • 仮に訴訟するとしても、また勝訴出来たとしても、訴える先はFSWであってトヨタじゃないでしょ。トヨタは、「FSWがやったことで関知しておりませんでした」という態度をとるはず。悲しいかな本丸に迫れないと思うのよ。FSWの代表取締役の人は、同時にトヨタの役員でもあるのかな?そうであってもトヨタ本体からの具体的な関与を立証できないと、トヨタ本体に賠償を伴う責任を負わせるのは無理かと思う。これまでにトヨタの(副?)社長なりが謝っているのは、「親会社として道義的責任は感じております」との立場からだと思うので。 -- 名無しさん (2007-10-16 06:32:53)
  • 今見たら、FSWの会長も社長も、トヨタ本体の役員ではないみたいね。FSWのHPによると、今回のGPの主催者は、富士スピードウェイ株式会社 【プロモーター】富士モータースポーツクラブ(FMC)【オーガナイザー】となってる。大会組織にも、トヨタ本体の人間の名はない。これだと厳しい。 -- 名無しさん (2007-10-16 06:48:55)
  • 時間が経ってしまいましたが、10月26日付けでFSWの加藤裕明とFSW公印の押印されたお詫び状が郵送で届きました。これは9月29日に4時間待ったバスの影響で自宅まで帰れなかったため、横浜のホテルに宿泊した費用の返還を申し入れていたものに対しての返答でした。電話でも直接担当部長と話をして、責任および判断は運行会社にあるため、私のクレームはそちらに上げさせて頂くとのことでしたが、なせがFSWからお詫び状が一通届いて「ご要望にはお応えいたしかねます。」との記述です。最終日も決勝の結果を見ることなく2時30分にはスタンドB席を後にして何とか自宅に帰った後、録画で結果を見ました。結局F1観戦に行ったのに話題はバスの話のみという興行として成り立たなかったイベントに改めて怒りを感じずにはいれません。日本は(日本人)こういう場合泣き寝入りするのかも知れませんが、それでも集団訴訟などの話が出てきているのは当たり前だと思います。自然災害が原因なのであれば、仕方ないと言えますが、陥没はあったにせよ最終日の状況も改善されていなかったようですので、やはり過失はFSWにあると思います。また被害を被っている人がいるのですから、FSWがダメならトヨタとして真摯に対応して欲しいと思います。チケット代全額返還くらいトヨタであれば出来るのではないでしょうか。私のホテル代もですけど!長くなりましたが、今後どこかの集団訴訟の輪に参加していきたいと強く思っているところです。 -- トヨタ&レクサス買わん (2007-11-01 22:47:25)
  • 救急車で運ばれた方がいるのはやはりFSWの落ち度からくるから業務上過失傷害?少なくとも徒歩で出られないようにしておいて長時間雨の寒い夜に缶詰にし、トイレもろくに無い状態で女性が失禁または野○に追い込む行為は人格権侵害に該当する筈です。みんなで訴えましょう。 -- SUZUKA (2007-11-08 23:06:21)
名前:
コメント:

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。