※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レイメイ 冷麺(ネンミョン / レンミョン)は、朝鮮半島の麺料理のひとつ。19世紀の書籍、『東国歳時記』の記録で最初に言及される。(「冷麺」という用語は19世紀の以前にも使われた)

主にムルレンミョン(スープ付き冷麺)と、ピピムネンミョン(スープ無し混ぜ冷麺)の2種類がある。ムルは「水」の意で、ネンミョンの冠にムルが付加されると韓国・朝鮮語特有の連音化(リエゾン)によりムルレンミョンという発音になる。ピビムとは「混ぜ」の意味で、ビビンバのビビン(ピビム)と同じ意味である。

蕎麦粉を主原料とし、つなぎとしてでんぷんや小麦粉を入れて練り、穴の開いたシリンダー状の容器で麺状に押し出してそのまま熱湯に落としてゆで、ゆで上がった麺(ネンミョンサリという)をすぐに冷水で冷やす。

ムルレンミョンは金属製の専用器等に固く締めた麺を入れ、その上に具として、下味をつけた肉類・ゆで卵・キムチ・錦糸卵・ナシなどを盛り付け、最後に鶏肉や牛肉でとったスープと水キムチの汁を合わせた透明な冷たいスープ(ユッス)をかけて供される。

ピピムネンミョンは辛味味噌のコチュジャンで麺を和え、肉類、ゆで卵、きゅうりの千切り等を形良く盛り付けて供される。(wikiより転載)