※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新世界の神になる


ゲーム開始直後、月明かりの下。
夜神月は、一人夜空を見上げていた。

『おいライト、また面倒な事に巻き込まれたなあ』

そんな彼に、背後から話しかける異形の生物。
名前はリューク。正確には生物では無く、名前を書く事で人を殺すノート、『デスノート』の所有者に憑く死神である。

「居たのか、リューク」
『今のノートの所有者はお前だからな。お前がノートを手放すまで、オレがライトから離れる事は無い』
「……そうか」

デスノートそのものはスタッフに回収されていたが、あくまで回収は一時的なものであり、ゲーム終了後ノートは返却される。
そのため、預かっているだけのスタッフにノートの所有権は移動せず、所有権はこの会場でも変わらず月にある。
月がノートの所有権を放棄しない限り、この会場でもリュークが月から離れる事は無い、とリュークは説明する。

「ふうん……だがリュークは相変わらず僕に協力する気は無いんだろう?」
『ああ、それがルールだからな。……で、ライト。早く教えてくれよ』
「何を?」
『決まってんだろ?脱出する方法だよ。どうせお前の事だから、もう考えてあるんだろう?』

世界最高峰の探偵、Lを月が策略にはめて殺した時の事を回想しながら、リュークは尋ねる。
この時すでに、リュークは月があっさりとゲームをクリアしてしまう事を確信していた。

「ああ、脱出ならしないよ?」
『へ?』

だから、ライトの予想外の返答にリュークは間抜けな声を上げてしまう。

『なんでだ?お前のルックスと頭なら人間の女の一人や二人、すぐにでも落とせるだろう』
「もちろんさ。だが考えてもみろリューク。折角の思いで脱出しても、僕を待っているのはあのニアと、薄汚れた世界だけだ。
 ……なら、いっその事とっとと失格になって新しい世界へ行き、
 その世界の住民を統率した方が、楽に新世界を創ることができるだろう?
 ……正しい人間が幸せに暮らせる、僕が統治する新世界を」
『………………』
「僕はやるよ、リューク。……じゃあ三回失敗して失格になる為に、手頃な参加者を探しに行こうか」

絶句しているリュークを気にも留めず、月は他の参加者を求めて歩き出す。

新世界の神に、なるために。

『……で、リンゴはあるんだろうな、その新世界には』

リュークの呟きは、誰の耳にも届かず、消えた。


【不明/午前1時】
【夜神月@DEATH NOTE】
 [状態]:健康
 [道具]:基本支給品一覧
 [標的]:無し(失格を狙う)
 [思考]:1.他の参加者を探す。
     2.新世界の神になる

※リュークは他の参加者には見えないし、何の役にも立ちません。精々月の話し相手になる程度です。

投下順

Prev SS Next
※原作に忠実(例外あり) 新世界の神になる お約束

時系列順(キャラクター別)

Prev キャラ Next
初登場 夜神月 神は気まぐれ




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー