※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お約束


「で、お前の作戦なら本当に全員恋人を作れるっていうんだな?」
筋肉が逞しい、顔に傷をつけた大男、トリコがいぶかしげに同行者の顔を覗きこんだ。
その問いに、いかにもインテリといった風体の青年、キルノートンはこともなげに返答する。
「もちろんだとも。IQ180をなめて貰っては困るよ」
「本当か? なんかうさんくさいぞ」
別の同行者である毛から服まで赤一色の少年、ロイド・アーヴィングもいぶかしげな表情を作っていた

「……失礼な奴だな。では言わせて貰うぞ。このIQ180から導き出された答え……それは!」
「前置きはいいから早く言えよ」
トリコにかる小突かれタイミングを逃すキルノートン。それでも眼鏡を直しながら、妙に熱血っぽい姿勢で拳を握り締める。

「トリコ氏のパワー、ロイド君の剣術、そして僕の頭脳。この秀逸な素材を巧妙に組み合わせてこそ出来るこの作戦! それは――」
「お、何かグルメっぽいな」


「ズバリ――――」

キルノートンが指差した先。実はポーズを取っただけなのだが、運の悪いことにそこは低い崖の上を指していた。
そしてその先にはこれまた運の悪いことに突風でパンチラを見せてしまった少女がいたのだ。
おまけにこちらに気付いていた……と来た。


「……へ、へ、へ、」
「ま、待て、今の事故……」


「変態だー!!!」
「ぐぼし!!!」


小柄な少女の飛び蹴りがキルノートンの顔面に炸裂。
メガネをふっとばしながらそのまま木に激突した彼は、

「……無念」

の言葉を残して気絶した。


「はっ、つい反射でやっちゃったよ!」
我に返って慌てる少女を見ながら、ロイドとトリコの二人は呆れ顔で顔を見合わせた。

「……どうする?」
「とりあえず、あいつの介抱してやろうぜ」

【低い崖の近く/午前1時】
【キルノートン@うえきの法則】
 [状態]:健康
 [道具]:基本支給品一覧
 [標的]:計画があったが気絶のショックで忘れてしまった
 [思考]:1.(気絶)

【ロイド・アーウィング@テイルズオブシンフォニア】
 [状態]:健康
 [道具]:基本支給品一覧
 [標的]:未定
 [思考]:1.介抱してやるか

【トリコ@トリコ】
 [状態]:健康
 [道具]:基本支給品一覧
 [標的]:恋愛には余り興味なし
 [思考]:1.……何だ、ありゃ

【泉こなた@らき☆すた】
 [状態]:健康
 [道具]:基本支給品一覧
 [標的]:未定
 [思考]:1.つい反射でやっちゃった……

投下順

Prev SS Next
新世界の神になる お約束 夢幻紳士

時系列順(キャラクター別)

Prev キャラ Next
初登場 キルノートン [[]]
初登場 ロイド・アーウィング [[]]
初登場 トリコ [[]]
初登場 泉こなた [[]]




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー