※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

決意新たに


 新東京番外地。
 そこは地殻変動によって生じた廃墟ではない。20世紀に人類が発明した新エネルギーの事故により出現した死の大地であった。
 星に住む他の生物を一切顧みず、己が愚行に気付くこともなく、人類は自らが立つ大地をその手によって汚してしまったのである。
 まさにおぞましき事至上な人類。
 葉隠散は、敢えてその死地東京に城を構え、自らが人類完殺の使徒であるという認識を忘却せぬようにした。

 そして先日、弟の覚悟と戦い、死後硬直の枷をもって敗れた彼(いや、散に性別は関係ない)は
長き眠りよりさめた後、何よりもその初心を新たにせんと、もう一度死地東京を見ようと思ったのである。
 しかしながら、目が覚めた散を待っていたのは東京でもなく、ガラン城でもない未見の地。
 おまけに、おぞましき人類どもがその数を増大せしめんと大見合パーティーなどを開く有様。

「増えるに値しないおぞましき人間どもよ……。このような下賤な宴などひらきおって……」

 散にとっては理解不能。人間が愛を育み、子供を育て、そしてこの地球を滅していく。
 散は冥と身体を重ねてから、星義に目覚めた。その彼にとって、この事態甚だ見過ごし難き愚行。

「冥どのよ、人類完殺が遅れてかたじけない。だが、この散、二度は詫びぬ!!
このような下賤の宴に招かれた不肖の償いは、言葉ではなく行為でもって返す!!!」

 目の前の街路樹に一撃、螺旋を食らわせ、散は高らかに宣言する。

「ガラン城に戻るまでに、この場にいる人間。否、雑草どもを全て刈りつくしてくれよう!! 我が身すでに星義のためにあり!!」



【F-8 1日目-03:00】
【葉隠散@覚悟のススメ】
 [状態]:正常
 [道具]:基本支給品一式
 [標的]:人類完殺
 [思考]:1:人間など所詮雑草




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー