※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

BACCANO!~恋愛編~


ザザザ……ザザ……ザーーー……



『お、繋がったか?……もしもし、もしもーし』

『はーい、もしもーし。どちら様ですかー?』

『ん……?その声、ミリア? ミリアなのか!?』

『え? もしかしてアイザック?』

『やっぱりミリアか! よかった、今どこにいるんだ?』

『えーっと、ちょっと待ってね……多分、J-1ってとこだと思う。島の端っこだよ』

『何だって!? 俺が今いるのは灯台なんだけど……その場所が、A-12なんだ』

『ええーっ!? 大変! 島の端っこ同士だ!』

『大丈夫だミリア! 俺達が今使ってるこのトランシーバーがある限り、連絡は取れるだろ? 今から合流しよう!』

『うん、そうだね。連絡取れただけでもよかったもんね!
 ……でも、このゲームって何なんだろうね?どうして恋人を見つけないとダメなのかな?』

『うーん……それはきっとあれだ、恋人がいた方が人生がワクワクして楽しいだろ?
 でも、世の中にはモテない人も沢山いる……きっとこのゲームはそんな人達に恋人を作ってあげるチャンスなんだ!』

『わぁ!それならモテない人も人生のワクワクを楽しめるんだね!お得だね!
 ……あれ?じゃあ何でアイザックと私は参加してるの?』

『それはきっと、もしもカップルが一組も誕生しなかった時の保険ってやつさ。
 カップル0組じゃあ盛り上がらないから、あらかじめ何組かカップルを混ぜてるんだよ!』

『なるほどー!主催者の人もアイザックも、頭いい!私達は東洋でいう『サクラ』なんだね!』

『そう、俺達はサクラ……フゼイってヤツを感じるな!
 ……待てよミリア。俺は今、すっごいいい事を思いついたぞ』

『え?なになに?』

『俺達で、恋人がいない人達に彼氏や彼女を見つけてやろう!恋のキューピッドだ!』

『うっわぁ!それってすっごい素敵だね!……でもどうやって?』

『そうだなぁ……俺とミリアはちょうど島の端と端にいるだろ?恋人がいない人達を、二人で集めるんだ。
 大勢の人数が集まれば、大勢の異性と知り合える……恋人を作るチャンスだって、格段に上がるぞ!』

『そっか!下手な鉄砲数撃ちゃ当たる、だね!さっすがアイザック、頭いい!』

『ああ!……こういうの、確か東洋では『オミアイ』っていうんだったかな?』

『へー、そうなんだー……それじゃ私達で『オミアイ』をしてあげて、大勢の人に恋人を見つけてあげようね!』

『待ち合わせるのは、F-6にあるホテルにしよう。ちょうど島の真ん中辺りにあるし、何よりホテルなら大勢の人が集まるのにちょうどいい!』

『ホテルなら豪華な部屋もあるし、すごく立派な『オミアイ』が出来るね!』

『そうだな!それじゃあ、早速恋人がいない人達を探そう!』

『急がば回れだね!』

『何か合ったら、トランシーバーで連絡するんだぞ!』

『うん!後で会おうね、アイザック!』

『おう!ホテルで会おうな、ミリア!』



―――――ブツン



【A-12 灯台/午前一時】

【アイザック・ディアン@バッカーノ!】
 [状態]:正常
 [道具]:支給品一式、トランシーバー(残り電力90%)
 [標的]:ミリア・ハーヴェント
 [思考]:恋人がいない人達を集めて、F-6のホテルで『オミアイ』を開催する。


【J-1 岬/午前一時】

【ミリア・ハーヴェント@バッカーノ!】
 [状態]:正常
 [道具]:支給品一式、トランシーバー(残り電力90%)
 [標的]:アイザック・ディアン
 [思考]:恋人がいない人達を集めて、F-6のホテルで『オミアイ』を開催する。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー