※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

問題児


新庄・運切(しんじょう・さだぎり)は廃村で途方に暮れていた。
無論、このエキセントリックな企画のこともある。
(頭のねじが吹き飛んでる人って、UCAT以外にもいるんだね・・・)
自分の組織にも、あの司会者たちのような弾けた人間たちはいた。
60過ぎてもエロゲが日課の全部長や、自分が世界の中心だと言ってはばからない少年。
だから、こういったコスモ電波番組にも、ある程度理解は示せる。
またこういう人種か・・・的な意味で。
本当に問題なのは別のこと。
自分の性別。
新庄・運切は、昼は男、夜は女になるのだ。
原因は不明。物心ついた時からそうだった。
男でもなく女でもなく、女でもあり男でもある。
この恋愛ロワイアルにおいて、それは厄介過ぎる事情だった。
「こんなボクを、受け入れてくれる人なんか・・・」
一瞬、あの悪役の少年の顔がよぎる。
結局、彼に自分の秘密を伝えられないままだ。
もし、真実を教えていれば――――。
「・・デイパックを調べよう」
益体のない考えを打ち消すように言う。気分転換のつもりだったそれは、しかし意外なものを発見する。
「剣・・・? なんで、こんなの・・・」
その時、頭の中に声が響いた。

・――――名は力を与える

概念の発動だ。
「・・・これっ、2nd-G(セカンドギア)の!?」
あわてて説明書を見る。
『神剣十拳(しんけんとつか)。使用者の任意で、「名前が意味通りの力を持つ空間」を展開できます。この
ゲーム中に限り、その空間(概念空間)には誰でも出入りすることができます』
本来は、自分のいた世界の昭和公園の概念空間で、八叉を封印するために使用されているはずの武器。
そんなものを持ってこれるなんて。
この宇宙人たちはどれほどの力を持っているというのか。
「・・・でも、ボクが持っていても・・・」
新庄という姓(かばね)では、特殊能力は芽生えない。
下の名前である運切は、つまり「運命を切る」ということだが、抽象的過ぎる。
「風見」みたいな姓なら空を飛べたりできるのに・・・。
己に与えられた力と状況に、新庄はただ戸惑った。

【c-2/廃村/午前2時】

【新庄・運切(しんじょう・さだぎり)@終わりのクロニクル】
 [状態]:健康、戸惑い、現在は女の体
 [道具]:十拳(剣。数十~数百Mにわたって、名前の通りの力が備わる空間(概念空間)を作り出せる)
 [標的]:なし、自分を受け入れてくれる人
 [思考]:1:どうすればいいかわからない 2男でもあり女でもある自分が恋愛なんて・・・
※現作2巻の<上>終了後からの参戦です
※朝と夕方の5:30~6:00の間に性別が入れ替わります。
※現在廃村の一部に十拳の概念空間が展開されています。空間内では人間や武器などが名前の通りの力を発動できます。
また、固有名を持たない武器は大きく威力が減少し、人を傷つけられません。
概念空間に入った人は「・――――名は力を与える」という声を聞きます。声は聞いた本人の声で再生されます。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー