※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前

アルエット・クゥーテ・イーヴテウ

肩書

学生

年齢

17(見た目は完全に初等部)

体型

144cm 32kg B67 W49 H70

種族

クォーターヴァンパイア(祖父がヴァンパイア)

職業

学生(白魔道士)

性別

アルテット=クゥーテ=イーヴテウ 技能

下位白魔法、高位暗黒魔法、魔眼や変化などヴァンパイア固有技能全般

装備品

ライトスタッフ、制服、白いローブと帽子

容姿

可愛い系。亜麻色の長髪で瞳は紫色。

その他

愛称はアルテ。八重歯がチャームポイントの元気少女。在学生。
高名な白魔道士である母に憧れ同じ道を目指している。
しかしヴァンパイアの血が混じっているため白魔法との相性は悪い。
何とか下位の治癒や補助が使える程度で白魔道士としては落ちこぼれ。
むしろクォーターとは思えない程ヴァンパイアとして優秀。
小柄な体に不相応な身体能力と自己再生能力は高位ヴァンパイアに匹敵する。
その上クォーターなので太陽光や銀の武器などが弱点にならないチートっぷり。
ヴァンパイアとしての力を忌避しているわけではないが、なるべく使用しないように決めている。
そのため(隠している訳ではないが)アルテがヴァンパイアだと知るのは一部学校関係者と親しい友人のみ。
影に3体の使い魔を飼っている。使い魔はそれぞれ「狼」「蛇」「鯱」が原形となっている。
アルテが滅びるか契約を破棄しない限りほぼ不死であり、倒されても時間が経てば復活する。
クゥーテは「小さな星」という意味で幼名。