万能鍋


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

料理ランクE以降のトレーニングには欠かせない万能鍋。

焼き物に留まらず、煮込みやシチューに揚げ物炒め物というあらゆる料理に対応し、
現代の三種の神器(?)に数えられそうなスペックを誇るこの調理器具は、
一体どのような素材が使われているのだろう。


  • 仮説1.~万能鍋とは、鍋単体を指すのではなく、火を扱う調理器具を詰めた道具セットである~


個人的に一番信憑性があり、もっとも現実的で辻褄の合う説ではある。
実際、万能鍋のアイコンには鍋の中に正体不明の道具が入っているのが見て取れる。
もうこれで決まりじゃない?と思うだろうが、これは 現実的に考えた時の説 である。


マビノギは、リアルライフとは一味違う ハァンタジー ライフを送るためのゲームである。



したがって、ここに 現実的な考え を持ち込むことはお門違いである、
ここに、ハァンタジーな考え方に基づいた説を例示する。



  • 仮説2.万能鍋は、実はミスリルやアダマンタイトを用いた特殊合金製で、魔法の力でなんやかんややってくれる。


さまざまな料理まとめて一つの鍋で行えば、当然鍋には凄まじい負担がかかるはずである。
しかしこれが、普通の金属ではなく特殊な力を帯びた金属で作られたものならばどうだろう、
パラディンの鎧やグラスギブネンの骨に使われるほどの魔力で、鍋に強力な加護を与えるに違いない。




  • 仮説3.鍋の中に、料理の神様であるゼルスンプンプガイオニノカイロゲーが宿っていて、なんやかんやしてくれる。


ただの鍋に、多種多様な料理による負担に耐えうる強度がある筈も無い。
だがそこに、超自然的な存在による干渉があったとなると話は変わる。
ゼルスンプンプガイオニノカイロゲーのかみがみしい御力があれば、強い負荷から鍋を護ることは造作も無いことだろう。



© aspirin
料理人達に崇められるゼルスンプンプガイオニノカイロゲー






このように、鍋ひとつとってみてもじつに奥深いことが分かる、これだから料理はやめられない。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|