美術には「非人道的」ともいえる側面がある


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

美術には隠れた脅威がある。


これまでにも取り上げてきたことであるが、
美術、とりわけ「絵」に関しては、

上手いか下手か

が多くの人の主要な関心事であり、
上手いものは優れていて、下手なものは劣っている という認識が、
ほとんどの人にある。



「そんなことは当たり前だ」と思われるだろう。


美術の範囲に限っていえば、このような評価基準に問題はない。


しかし、美術の範囲を超えて適用してしまったら、
とても大きな問題となる。


道徳的に考えて、「あってはならない」ことである。

見た目の美しいものは優れていて、醜いものは劣っている。


絵における美醜の感覚で、現実の人や物、事象、思想などを判断していないだろうか…?



いま一度、考えてみてほしい。


それは、あなた個人の基準に過ぎない。

ほかの人には違った基準があるかもしれないのである。


あなたが評価しているその基準で、あなたのことを評価されてしまうかもしれない。


知らずに他人を傷つけたり、怒りを買ったり、誤解を与えたりしたことに
心当たりのある人もいるであろう。


絵を描くのは簡単だが、見ることは簡単にはいかない場合があるのである。





|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|