お絵描きのメカニズムを基礎から学ぶ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

描き方よりも大きな問題がある。

それを解決することを第一に考え、まず「絵を描く」以前の問題である、
動機や目的 を明らかにすることと、物の見方について理解しよう。

批判的な文章のように読み取れるかもしれないが、実際には前向きな話題をしている。
悪いものだと解釈する人ほど、精神的な部分に問題を抱えていることが多いのだ。

けれども、誰も初めからストレートに受け入れることはできない。

時間がたつにつれて実感するようになるだろう。


ここに「絶対に正しい」といえるものは存在せず、
この文章も正しいとは言い切れないが、
人によって正誤にさえ違いがある ことも魅力の一つだと思ってほしい。

※注意
この講座(?)は、「絵がぜんぜん描けない」「まったく描けない」人を対象にしており、
「ある程度描ける」「とても描ける」人にはあまり当てはまらない内容となっています。
ご了承ください。
絵の経験がない人や、描きたいが上手くならない人が、
「どうして上達しないのか」という疑問に対する答えを得られるような内容です。

「実績」は皆無なので、机上の理論どころか単なる妄想にすぎない可能性があります。



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|