自分の顔を描く際の注意


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

想像だけで自分の顔を描くならまだしも、
「鏡を見ながら描く」ことは控えたほうがよい。


自分の顔が「あまりにも身近で見慣れている存在」であるため、
絵が上達するための基本である 「物をよく観察すること」がおろそかになってしまう からだ。

つまり、鏡に映っている自分の本来の顔ではなく、
「自分で普段こんな顔だと“思っている”顔」を描いてしまう ことが多いのである。

ある程度、画力に自信がついてくるまでは、自分の顔を描くのはやめたほうがよい。



同じ理由で、好きなタレントやアイドル、有名人などの顔も描くべきではない。

もし顔を描きたければ、自分の「知らない人」を選ぶようにしよう。

「知っている人」を描こうとすると、その人物に対する知識が妨害的に作用し、
「見たまま描くこと」が困難になるからである。




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|