みんな同じに見える


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクターの区別がつかない。

誰が描いた絵なのか区別できない。


絵を「見る」立場で経験したことのある人もいるだろう。

前者は 画家の描き分ける能力の不足
後者は 見る側の見分ける能力の不足 であるといえる。

顔が同じで髪型だけが違っていたり、目の色や服装だけが違っているキャラクターや、
名前を指摘されないと誰なのかわからないキャラクターを描いているようでは、
絵描きとしては致命的であるといわざるを得ない。

たとえそれが双子、一卵性双生児であったとしても、描き分けることは重要である。

絵描き自身が「私の個性だ」とアピールしても、見る人がそれに同意していなければ意味がないのだ。


誰が描いた絵なのか区別できない というのは、同人誌ないし同人的な活動をしている集団にみられる傾向である。

もちろん、「そっくりに描くことができる」といえば素晴らしい能力だが、
実際にはそうではないことのほうが多い。

「見よう見まね」で絵を描き続けている人にとっては、「ある人の画風」に類似してくるのは仕方がないことだ。

「似ている」だけならともかく、「区別がつかない」場合、それは「贋作」と呼んでもいいだろう。

もちろん、悪意を持って贋作に臨む人はまれであるため、ここでは考慮しないことにする。


「同じような絵」を描く人同士が集まると益をもたらすことがある。

「同じような絵」というのは、それだけ、その集団にとって「受け入れられやすい絵」なのである。

つまり、そうした絵を描き続けていれば心理的に安定するし、拒否される可能性は限りなく低く、
充実した、満足のいく作業をこなすことができるのだ。


一方で、「個性」の強い、独創性を追求した絵を描くと、どうなるだろうか?

たいていの場合、どんなに優れた画力を持っていても、すぐには受け入れてもらえない。

「明らかに他人の絵と違う」「一目でそれとわかる」絵としては、すぐには評価されないことが多い。

これは、国による文化や思想の違いが、交流の妨げとなる社会現象によく似ている。


たとえば日本人は家に上がるとき靴を脱ぐが、アメリカ人は土足のままである。

土足で家に上がるアメリカ人を見た日本人が、「なんてお行儀の悪い人だ…」と思うことがあるが、
もともと家がそのように設計されているのであって、行儀の悪さとは関係がないのだ。

また、アメリカ人から見た日本人は、「どうしてイエス・ノーをはっきり言わないんだ…」と思われている場合がある。

どちらにせよ、文化や風潮や「しきたり」が違うからであって、決して無礼に振舞っているわけではない、
というところが肝心である。


話を絵に戻すと、絵を描く側にとっては「文化」であるが、それを見る側にとっては「異文化」となる場合があるわけだ。

普通、異なる文化はスムーズに受け入れられないものである。

それと同じことが、絵でも起こっていると思えばよい。




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|