「楽しい」と感じるとき


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

さて、そろそろ大切な話題に入ろう。

以前の内容も大切なのだが、ここで改めて感じてもらいたいことがある。


絵を描くことを「楽しい」と感じているか。


絵を描けない人にとっては、絵を描くこと自体が「苦痛」であり、「やりたくない」と感じられる。

しかし、以前から絵を描ける人でも、練習して徐々に描けるようになった人でも、
いつでも「楽しい」と感じられるわけでは決してない。

時として「面倒くさい」と感じることが必ずあるのである。


「楽しくない」ときに絵は描けない。


楽しくないときや、気が乗らないときには、絵を描くのをやめたほうがよい。

画力の上達を考えるうえで「根性論」は役に立たない。

徹夜で勉強して身につくものでもない。

少しでも嫌なものを感じているときには、絵を描くべきではない。

無理に描こうとすれば、自分の絵が嫌いになってしまう。


「楽しい」ときに絵を描く。


こう言われても難しいかもしれない。

なぜなら、「楽しい」というのは意図的に作り出すのではなく、
絵を描いている過程で、ふと、感じるものであるからだ。

言い換えれば、「楽しいから描く」のではなく、「描いたから楽しい」というわけだ。


しかし 「結果的に楽しくなるようにせよ」 と言われても、どうすればいいかわからないだろう。


むしろ「楽しくなるためにはどうすればいいのか?」という疑問だけが残る。


疑問に対する答えは、自分自身で体験して得るしかない。


「絵を描くことの何が楽しいのか」を説明することは不可能に近い。

私の知識や理解が不足しているわけではなく、説明するのに無理があるからであり、
人それぞれ性格、態度、意識の持ち方、感覚などが異なっているものに対して
「これが楽しい」などと答えを導き出すことはできないのである。


「楽しい」と感じること自体が大切。


「キャラクターの目を描くのが楽しい」
「髪の毛を描くのが楽しい」
といった、絵の部分的な要素については説明できるかもしれない。

しかし大切なのは、「何が」「どこが」楽しいかではない。


「楽しい」と感じること自体が大切なのである。


ここで「楽しい」という前向きで活発な感覚を「生かす」ように働きかけることが狙いである。

「流れに乗った」「コツをつかんだ」と言い換えることもできる。


この「楽しい」という感覚があるうちに、さらなるステップアップを目指すことが
上達への近道であり、視野を広げ、技術に磨きをかけるチャンスなのだ。




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|