時の停止した巨人を討つ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

??「あの、すみません」

背後からの呼びかけに対し、ペンギンのように手足をばたつかせたaspirinが振り返ると、
そこには困った様子の女性が立っていた。

??「ちょっといいですか」
aspirin「なになに」
??「トロール倒すの手伝ってください」
aspirin「( ゚ω゚)フム」
??「おk?」
aspirin「おk」

すると女性は『トロール』と書かれた看板を掲げ、
ダンバートン南東の門からガイレフへと向かっていった。


その途中、「まじでーw まさか人がいるとは・・・w」が馬に乗りながら移動し、
タヌキやクマをウィンドミルで攻撃している光景があったが、関係はなかった。

女性はトロールの生息地を知っているらしく、道に迷うことなくラインアルトにたどり着いた。


aspirin「Σ(゚Д゚ υ) イタ!!」

断崖絶壁の岩に囲まれたラインアルトの自分の目線よりも下に、
トロールという巨人の姿を発見したのである。

数字ランクの休憩スキルを所持しているその巨人は、
盗賊コボルドの巣と思わしき穴の中心に座り込んでいた。

??「ファイトォ」
aspirin「ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!」

両手にブロードソードを握り締めた女性は、トロールに向かって走った。

1打、2打、3打、4打でトロールの巨体は穴倉に倒れこんだ。

最大攻撃力、最小攻撃力共に高いメリットがあるが、
追加攻撃をする前に敵が倒れてしまうブロードソードの二刀流は、
ただ振り回しているだけでは4打しかできない。

aspirinはすぐさま女性がトロールの猛反撃を受けることを予想し、
ヒーリングを準備しようとしたが、



……トロールの反撃はなかった。



サーバーが止まっていたからである。



女性はそのまま“自動戦闘”を続け、aspirinも石を投げるなど応戦した結果、
トロールに見事勝利を収めた。

aspirin「お(・∀・)め(・∀・)で(・∀・)と(・∀・)う!」
??「あり^^」



……これでいいのか。いいとしよう。


女性の頭上にフクロウが飛来し、クエストを投下していく様子が見えた。

??「オーガってどこですか?」
aspirin「ここの反対側にいます」


ガイレフの丘の西部、ベースハーブが群生している地域に、
全裸で下半身を露出したオーガというわいせつ物が棲んでいる。

aspirin「Σ(゚Д゚ υ) イタ!!」
??「ファイトォ」

女性はトロールのときと同じく、ひたすら“自動戦闘”を続けた。

aspirinが石を投げるとオーガの体が青く変色した。
自動防御はサーバーの状態に関係なく発動するからである。


トロールよりも時間がかかったが、一度だけクリティカルヒットが発動し、
女性はオーガに見事勝利を収めたのであった。





|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|