ドクターあすさん20 - 仁岡の助言


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

電話を急に切ってしまってごめんなさい┏●ペコ
わざとじゃないんです┏●ペコ
電波が悪いのがいけないんですヽ(´Д`;)ノアゥア...
さっきの質問の続きだけど
どうしようもないから気にしているって変だろ?
どうよ?
どうしようもなかったら普通は気にしないと思うぜ?
どうしようもないといいながら気にしてるんだろ。
やさしいと思わないか?ちょっと変だけど。
道路で犬や猫が死んでいたらかわいそうと思うかもしれないが、
耳元に飛んでくる蚊を殺したってなんとも思わないだろ?
俺たちはいちいち気にしていたら生きていられないだろ?
でも田中には、それを気にするだけのゆとりがあるってこった。
あすさんも同じなんだぜ。
俺らのことをいちいち気にかけてくれる。
うざいだけだけどな( ^ω^)

田中「そうか……。この、なんともいえない感覚は、そういうことだったのか……」

田中の不安一つが、仁岡のメールによって解消された。

どうでもいいくせに影響力は絶大なんだぜ。
田中も俺も宗教の信者みたいなもんだろw
第三者が見たら基地外に思われるだろうな。
でも信者同士はこうして話が通じ合う。
それでいいじゃないか。
俺らだって実際どうでもいい存在だろw
それ以上でもそれ以下でもないんだよ。
まぁこれも全部あすさんの影響だけどな。
ほんと困ったもんだ( ^ω^)
そろそろ本当に切るぞ。また夜にな!


どうでもいい存在が与える影響──
どうでもいいというのは体裁だけで、本質的には必要不可欠なものであると認識されているのだが、
それが冗談なのか本気なのかを判断できなければ、自分のようになる…。

田中は自分の誤解に気づき始めた。




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|