ギル伝サンプル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作文に必要なネタは日頃から記録を。

「ライトノベル」という用語には厳密な定義がないらしいので、あさっての方向に進むかもしれませんが、
とりあえずキャラクターを中心として作られており、内容が薄く、読みやすいものと理解して
書き込んで(読み取って)いくことにしましょう。編集はまだ終わらないわ。

「ライトヘテロカイトシールド」や「ライトメルカチェーンメイル」の「ライト」でしょうね。「ライトニングボルト」は違うわね。


とりあえず何か書いてみましょうか。ご飯でも食べましょうか。

文章を書く能力なんかなくたって大丈夫。むしろ文書力のない人でも書けるといったほうがいいわね。
しょせん同レベルの人の集まりなんだから、変な文章になっても気にしないことね。
  • 物語を書いてもいないうちから過度の「設定」はしない(考えない)ほうがいいわ。
    • 最初からキャラクターのイメージなどを厳密に設定してしまうと、それに従って物語を書き進めなくてはいけなくなるの。
    • 設定を考えている間は楽しいけれど、完成したあとから創造性を欠くことになってしまうわ。
  • 「パクリ」だけれど、アレクシーナという既出のキャラクターが「いかにも言いそう」な口調で書くだけでも原稿用紙何枚にもなるわ。
  • あすさんはこう見えても(肉眼では見えないけれど)理系に偏っているから、文系の書く小説とはずいぶん違っていると思うわ。
    • これは珍しいわ…。
    • 論文でも書きましょうか。
    • 就学はまだ始まらないわ。

記憶を頼りにマビノギで起こった奇想天外な出来事を書きつづるだけでも;おも

  • 自分がマビノギを始めようと思った理由(元凶)
  • 初めてエリンを訪れたときの感想
  • 「ほのぼのRPG」という表現について思うこと
  • あすさんとの出会い・遭遇・対峙
  • マビノギで起こる数々の現象
  • NPCが連呼している定型文
  • 自分の目標
  • 現実の自分との対比

ノンフィクションのところどころにウソを混ぜる

実際に起きたことだけを書いてもいいけれど、一目でわかる冗談や皮肉を入れるのも面白いと思うわ。
  • あすさんと出会ったのは偶然にも私の命日だった。
  • ゴーレムを一発で倒したとき、パーティーはおろか目撃者すらおらず、悲しい思いをした。
  • 私はセンマイ平原に家を建てるため、フレッタと土地を買収する交渉をしていた。
  • ケルピーという名の女性に恋をした。彼女はボーイッシュな服装である。
  • ティルコネイルには最高の鍛冶屋がいるという。
ネタのわかる人からは絶賛されるはずよ。

無関心といいつつ恋愛ネタや、多少エロい表現に誰もが魅入ってしまうもの

マビノギのキーワードにも「胸」という多少エロい表現があるのよ。でも、そもそもナオが巨乳なのはなぜかしら?
マリーやフレッタと比べると圧倒的だわ…。
タルラークとサキュバスには恋愛関係のようなものがあるようなないような雰囲気だけれど、
こういったものに鈍感なあすさんにはいまいちよくわからなかったのよ。
逆にボイトとクシナはストレートすぎて、これは罠なんじゃないかと疑ったわ。

心理学は語学ではなく生物学の延長

「心理学」というのは文系の学科だと思っている人が多いけれど、実際はほとんど科学なのよ。
生物学の基礎から始まり、脳や神経の働きなどを学ぶ必要があるの。
主題は動物よりも「人間」を対象としているから、文化というのも重要になってくるわね。
でもあくまで科学的に物事を考察しないといけないので、人間を直接扱うということは難しいの。
そのため「社会」という構造を考えるときは、主観の影響を受けないサルやイヌの行動がヒントになるのよ。
もっとも、人を観察したからといって「心」の仕組みはそう簡単に解き明かせるものではないし、
科学的・定量的に評価することも「人同士」ではできないため、研究は後れているわ。
「心理学」という言葉に昨今のメディアの影響もあって誤解が多いという指摘もあり、
「精神医学」と呼ぶこともあるけれど、基本的には同じものを示しているわ。



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|