あすさんの家庭教師32 - 夜遅くまであすさん


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あすさんは夜遅くまで異常気象について、いや、暴走していると思い込んでいるサーバの所在を調べていた。


しかし、いくら調べても正確な位置を知ることはできなかった。



あすさん「もうこんな時間か……」

時計の針が0時を回り、あすさんに眠気が襲いかかる時間となっていた。

あすさん「……寝るか…」

次の瞬間、突然ダウンロードが停止し、マビノギのサイトにアクセスすることさえできない状態となった。

あすさん「あーあ…。臨時メンテだな、これは……もういいや、寝よう……」

あすさんは明海のいない寝室へ歩いていった。


あすさん「入院中は携帯電話も使えないのだろう……」

明海の寝ていたベッドの前で立ち止まると、あすさんはなんともいえない孤独感を覚えた。


今日は学校でどんなことを学んだのか。
友達はできたのか。
昼には何を食べたのか……

本来ならばこのような話題で盛り上がるはずなのに、部屋には誰もいない…。


あすさん「わずか2日目にして授業を中断することになってしまったな……
 明日は天気が回復して、病院に見舞いに行けるといいのだが……」

あすさんはきれいに洗って乾かしておいた弁当箱を明海の枕元に置いた。

あすさん「執事? 執事さん? いますか~~? ちょっと話があるんだけど~………。
 ん~………返事にラグがあるな……」


執事が姿を見せるまでに2分かかった。


執事「aspirinさま、お呼びでしょうか」
あすさん「呼んだ呼んだ。病院の機能を持っているのは病院しかないのか?」
執事「小さな診療所はいくつかありますが、本格的な病院は樽帝院病院ただ一つでございます」
あすさん「この家の中に病院はないのか?」
執事「あ、いいえ。このご自宅には医療設備が充実しております」
あすさん「じゃあ、明海をこっちで入院させることも可能なのか?」
執事「はい。そのように取り計らっております」
あすさん「…そうか…。明日にでも移送しなくては……」
執事「……それが……悪天候は明日も続く恐れが……」
あすさん「続くというのは予想だから、的中するかどうかはわからないだろう」
執事「は、はい……わたくしもそう思っております……この天気を予想できなかったので、続くという予想もあてにはなりません…」
あすさん「うむ……そうだと信じたい……」


二人は明海のベッドを見ると、深くため息をついた。


執事「aspirinさま…」
あすさん「なんだろう?」
執事「明海さまのことがご心配なのですね……」
あすさん「とても心配だ…」
執事「わたくしも心配でございます…」
あすさん「手のひらが剥離する大怪我か……痛いだろう……」
執事「今ごろうなされておられるのでは……」
あすさん「……想像しただけで痛く感じる……精神的な衝撃も大きい……」
執事「明海さまのご様子をこれほどよく理解していただけるのはaspirinさましかおられません…」
あすさん「そうか……まぁ、そのつもりで来たのだからな……」
執事「……感激いたします……」

あすさん「なんだか……あまり眠気が起こらないな……」
執事「おおぉ……。ですが…そろそろお休みになられたほうが……」
あすさん「そうだな……横になることにするよ……」
執事「おやすみなさいませ…」


布団に入って横になったものの、目を閉じても一向に眠れないあすさんであった。

自分のそばに昨日まであったはずの気配がなく、むなしさだけが漂っているからである。


このとき、予想に反して明海は熟睡しているということなど、あすさんは考えもしなかった。





|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|