意図して似せる


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「似せて描ける」こと自体がきわめて重要である。

どのような絵でも「オリジナルです」と主張することはできるが、はたして…?


誰しも好きな漫画家や絵描きによるキャラクターのいくつかがあることだろう。

どういった形であれ、キャラクターに「似せて描ける」というのは、
それ自体が「観察力」と「画力」の両方を反映している証拠であり、
絵を描く素質が十分にあることを示している。

大切なのは「意図して似せる」ことであり、「実態のないもの」を描くことではない。

この違いは、前者が「似せようとして似る」のに対し、
後者は「私の知らない世界を描きました」というところにある。

決して「盗作」とか「パクり」「二番煎じ」を勧めているのではない。

他人の著作物であるキャラクターなどを練習のために描いたり、
いわゆる「同人」として認められている範囲で活動したりするのはよいが、
それを「自分のオリジナルです」と主張するのはいけない。

「似せる」こと自体が悪いのではない。

この世に真の「オリジナル」は存在し得ない。

どのような創作も、すべては「初めにモデルありき」である。


たとえば「人物画」を描くとしよう。

「人物」とは「人間」であり「ヒト」のことである。

それは「オリジナル」ではなく、もともと「ヒト」という動物として昔から存在しているものである。

以前から存在しているものを絵に描くのであるから、
結局のところ「二次創作」ということになる。

にもかかわらず大半の人物画は「オリジナル」である。

なぜだろうか。

描く人によって「観察」の仕方が異なっているからだ。

「似せよう」という注意力や努力を払う部分も人それぞれ違うだろう。

また、描く道具やその扱い方もみな一人ずつ違うのが当然である。

その結果、誰が描いても「オリジナル」な絵が完成するわけなのだ。

しかしそれが「Aさん」を描いたものであれば、すべての絵は「Aさん」を表している。

描いたはずのない「Bさん」になることは決してないのである。

ドラえもんはその歌の中で「ネコ型ロボット」であるといわれており、
ピカチュウは「ネズミ」が原型となっている。

ドラえもんは「ネコ」、ピカチュウは「ネズミ」をデフォルメしたキャラクターなのである。

デフォルメというのは絵画のモチーフを「誇張」したり「強調」したりして表現する技法のひとつ。
言葉で説明すると難しく聞こえるが、ようするに写実的な表現ではなくて
細部を思い切って省略し、特徴的な部分のみをとらえて描くことである。
漫画やアニメではごく普通の表現方法なので、あえて「デフォルメ」という用語を使うと
混乱を招くかもしれないが、知っておいて損はない。

ここで覚えておいてもらいたいのは、

描く対象をしっかり把握するように努めること

何の脈絡もなく線や図形を殴り書きするのではないこと

絵は、描く過程も、「言葉」では説明できない状況があるということ

である。

言葉でうまく表現できないからといってあきらめてはいけない。

言葉で表現できない部分を表現するものこそ「絵」だからだ。

漫画から「絵」を隠し、フキダシのセリフだけを読んでみたらどうなるだろうか。

アニメから「映像」を隠し、スピーカーから聞こえてくる音声だけに耳を傾けたらどうなるだろうか。

自分の好きな漫画やアニメのワンシーンであれば、絵の部分を遮断したとしても
どういう情景かを想像することは難しくないはずである。

想像できるというのは、もはや言うまでもなく、あなたがその場面を知っているからだ。

「知っている」のは「似せる」ための第一歩なのである。




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|