隣の芝は青い


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

自分の描いた絵を見て「うまい!」と思う人は絶対にいない。

他人と比較して落ち込むことのないようにしよう。


どんなに努力をして上達したと思っても、自分で描いた絵というのは
決して上手には見えないものである。
他人の絵のほうが上手に描けているように見えるだろう。

「隣の芝は青い」という ことわざ が示しているように、
他人のもののほうが優れているように思えてしまうのだ。

自分で自分の作品を「ダメなもの」と決めつけてしまわないようにしたい。

あなたの絵を見た人の評価は、まったく違っているかもしれないからだ。

インターネットの掲示板を利用するときは注意しなければならない。

「自分は気の小さいほうだ」と思っている人は特に、自信を失う危険を避けるため、
初めのうちは親しい友人や家族にだけ見せるようにしたほうがよいだろう。

個人で運営しているお絵かき掲示板などでは、不特定多数の人に見られないよう会員制にしたり、
パスワードをかけたりして、できるだけ閉鎖的・保守的な姿勢で臨んだほうがよい。

大きな掲示板では「お絵かき講座」や「アドバイス」などを専門的に扱っている場合があるが、
必ずしもあなたにとって適切な仕方で教授されるとは限らない。
不特定多数の人が絵やコメントを見ることができるため、荒らしや批判に遭う恐れもある。
もしこのような場所で助言を求めるなら、覚悟しておいたほうがよい。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|