第5エルグ - 東洋風BUSHIウェア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その日、彼はaspirinとともにムユ砂漠の中央をさまよっていた。



aspirin「砂漠クモでも食べましょうか。」


彼は北極のはるか北に住み、当初は無線LANによる電波で交信を行っていた。

そこは永久凍土の広がる不毛の大地であり、一年を通じて磁気嵐に見舞われている。
そのためオーロラを日常的に観測できる観光名所であるはずだったのだが、
人はおろか動物や植物すら生きていられず、彼以外の生命体は存在できないのである。


aspirin「キエタ━━━━━━“   ”━━━━━━ !!!!」

彼の突然の失踪に、aspirinはただ驚くばかりであった。


彼の存在は電波のようであり、不安定で、常に揺らいでいた。


aspirin「(・∀・)デムパ!!(・∀・)イイ!!?」
キムタカ「ゥ─σ(・´ω・`*)─ン…」
aspirin「(゚A゚)イクナイ?」
キムタカ「(゚A゚)イクナイ」

キムタカは、デムパと呼ばれる特殊な周波数帯の電波でマビノギに直接つながっていた。
だからデムパの安否を問うことが何よりも重要なのである!


キムタカ「なんかデタ━━━゚(∀)゚━━━!!」

ファイアボルトで砂漠クモのディフェンスを打ち破ったキムタカは、
再生紙と思わしき魔族指令書を手に入れた。

安物の紙に書かれており、朗読するとその地域一帯に声が届くという
不思議な現象が起こるのだが、仕組みはまだ解明されていない。


「キムタカさんが、今日深夜のムユ砂漠中央にオオカミ模様砂漠クモが現れることを知らせてくれました。」

aspirin「実際に読み上げを行っているのは誰なのか……」
キムタカ「ぁゎゎ(´・д`・;)」

aspirinも初めての目撃となるオオカミ模様砂漠クモを、二人で待ち構えることにした。



ところが、いつまで待っても現れない。



キムタカ「深夜っていつ…?」
aspirin「Wiki(「・ω・`)・・・ドレドレ」
キムタカ「もう過ぎてるよね…」
aspirin「コネェ━━━━━━(゚A゚;)━━━━━━ !!!!!」
キムタカ「コネェ━━━━━━(゚A゚;)━━━━━━ !!!!!」
aspirin「24~6時か…もうとっくに過ぎてる…」
キムタカ「今日だっけ…明日だっけ…」


二人は1日、2日、3日と待ち続けたが、現れない。


aspirin「もう(;・∀・)ヤメル」
キムタカ「(゚∀゚)カエル!」

なぜこのときモンスターが現れず、テロップすら流れなかったのかは謎である。



キムタカ「よく考えたらこれって黄金尻尾マングースのときじゃなかった?」
aspirin「アッー! そういえばメイズ平原だった!」
キムタカ「しかも時期が……このあとの話と前後するような…」
aspirin「/(^o^)\ナンテコッタイ」
キムタカ「(;^ω^)」
aspirin「修正されるねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
キムタカ「いや、違うか……」
aspirin「出現しなかったのはオオカミ模様砂漠クモだったはず…」
キムタカ「マソグ一スのときは、たしか敵が止まってて殴り放題だったんじゃ…」
aspirin「もうわかんないんです(><)」
キムタカ「⊂( ・∀・)ワケ ( ・∀・)つワカ ⊂( ・∀・)つラン♪」


永久凍土から出土したキムタカとの会話において、時間が前後することは少なくない。
デムパの速さは基本的には光速だが、異常に遅くなる場合もあり、その影響はaspirinも受けるのである。
それは巨大な質量を持つ物体が札幌に存在しているのを示唆しており、
北海道の一部が危機的な状況に陥っているともいえる。


そんな二人の前に、ついにオオカミ模様砂漠クモが姿を現した。


aspirin「3匹も出るのか…。とにかく1匹倒そう。FBCで。時間切れになるかもしれないが…」
キムタカ「やるぞ!Σс(゚Д゚с まずファイアー( ゚Д゚)つヽ -=二))」
aspirin「σ(゚∀゚ ∬オレも1匹やるぞ!Σс(゚Д゚с」
キムタカ「Σ(゚Д゚ υ) アリャ死んだ」
aspirin「( -∀-)人 ナムー」

あまりにも頑丈なオオカミ模様砂漠クモの装甲を破ることはできなかった。
鋼鉄よりやや硬いクモの足がキムタカに突き刺さるのと同時に猛毒を浴びせられ、
彼の体は紫に変色し、死体となってもなお責め苦にあったのである。


そして、恐れていることが起こった。


aspirin「キエタ━━━━━━“   ”━━━━━━ !!!!」
キムタカ「キエタ━━━━━━“   ”━━━━━━ !!!!」

オオカミ模様砂漠クモは出現から5分で消滅してしまったのだ。
これでは戦利品はおろか経験値すら得られない。


この「オオカミ模様砂漠クモ消滅事件」を機に、aspirinはキムタカの戦闘力強化を図る運びとなった。

まず彼の着ている服に注目する。




東洋風BUSHIウェア




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|