ドクターあすさん4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夏休みも後半に差しかかったある日。

その日も朝から気温が上昇し、35度を超える猛暑日であった。



田中「暑い……」


うだるような暑さの中を、朝食もとらずに歩いてきた田中信一。
あすさんと最後に会った公衆便所の前まで来た。


田中「無計画に来たけど、あすさんは午前中にいるのか……?」


田中「どうでもいいや。そこらへんで時間をつぶしてこよ…」
あすさん「たなしん」
田中「ぎゃっ!!!!!!!!!!!」


あの時と同じように、公衆便所の裏から姿を現したあすさん。
田中はまた驚かされてしまった。


田中「い、いらしてたんですか…。おどかさないでください…」
あすさん「また、会えましたね。田中さん」
田中「あの……ここに住んでらっしゃるんですか…?」
あすさん「僕がホームレスですって? とんでもない!」
田中「いや……」
あすさん「僕がここにいるときに、田中さんもここへ来るんじゃないですか?」
田中「そんな偶然が……」


田中は少しだけ安心した。

実際に話をしてみると、ジョークを飛ばす明るい人物であったからだ。


田中「今日も暑いですねぇ……」
あすさん「まだ暑くなるようですよ」
田中「……こんなところで立ち話をするのもなんですから、どこか入りませんか?」
あすさん「おっおっおっ! いいんですか!?」
田中「え、ええ……」
あすさん「うほっ! どこどこ?」
田中「ははは。どこか行きたいところがありますか?」
あすさん「市民プールとかいいですね」
田中「ええっ?!?!?!」


午前中のあすさんは別人なのか。

そう思えるほど、初めて会ったときとの雰囲気の違いを感じる田中。


田中「いきなりプールはきついかと…。小川の見えるいい喫茶店があるんですが、どうです?」
あすさん「ゴーゴー!」


田中「こいつ、なんなんだ、マジで…」


二人は喫茶店の中へ入る。



田中「私はアイスコーヒー。あすさんは…?」
あすさん「アイスボルト」
田中「え?」
あすさん「アイスマインにしようかな」
田中「………アイスコーヒー2つで」
あすさん「ちょい待ち! 僕はアイスココアで」
店員「……かしこまりました」



田中「アイスボルト…ですか…」
あすさん「ランク1です」
田中「…ぶっ。……マビノギ……ですね…?」
あすさん「キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」
田中「知ってますよ。今ハマってるゲームです」
あすさん「うはwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
田中「サーバーは……」
あすさん「タルラーク」
田中「…………同じく」
あすさん「おっおっおっ!!!」


田中「…まさか、こんなところでマビノギやってる人に会うとは……」
あすさん「キャラの名前はなになに!?」
田中「内緒です」
あすさん「内緒ですさんwwwwwwwwwwww」
田中「違います…」
あすさん「だれだれ????」
田中「秘密です」
あすさん「秘密のアッー子ちゃんwwwwww」
田中「……すごく嬉しそうですね…」
あすさん「女性ですか?」
田中「男性ですよ」
あすさん「ニコッ!」


あすさんのオーバーすぎるリアクションを見ていて、
しだいに警戒心の薄れていく田中。

親しみやすく、面白い人物だということを感じ始めた。


店員「アイスコーヒーのかた」
田中「はい。どうも」

あすさん「あれ??」
田中「?」
あすさん「砂糖は入れないんですか?」
田中「アイスコーヒーに砂糖は入れませんよ」
あすさん「苦くないですか?」
田中「私はブラックで飲みますけど…」
あすさん「砂糖、入れたほうがよくないですか?」
田中「アイスの場合、砂糖ではなくガムシロップを入れるんですよ」
あすさん「ほうほう」
田中「砂糖はアイスに溶けませんから」
あすさん「じゃあココアに入れてもいいですか?」
田中「……ど、どうぞ…」


店員「アイススピアのかた…」
あすさん「!!!!!!!!!!!!!」
田中「ぶっ……。も、もしや……」
店員「あたしもマビノギやってま~す。こそこそ」
あすさん「ぎゃあっはっはっはっはっはっはっはっはwwwwwwwwwww」
田中「あすさん、大きな声で話しすぎですよ…。まともに聞かれてましたよ…」
あすさん「因果なものですなぁ」
店員「マビノギ面白いですよね~」
あすさん「メンテばっかりだけど」
店員「あはは」



あすさん「砂糖を入れずにブラックで飲む…」
田中「ええ」
あすさん「糖分を気にしてらっしゃる?」
田中「あ、ええ、まあ、そういう感じです」
あすさん「さすがお医者さんですね」
田中「ははは…」
あすさん「でも田中さん。コーヒー以外に何か食べたほうがいいですよ」
田中「は…」
あすさん「朝ごはん、食べてこなかったんじゃないですか?」
田中「えっ……! ど、どうしてそれを………」
あすさん「なんとなく。顔色がよくないものですから」
田中「…………」



またしてもあすさんに自分のことを見抜かれてしまった田中。

この先に起こることを、彼に知るよしはない……。





|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|