ドッペルゲンガー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その日、男は我々の前に立ってこう言った。



「私の城に案内します」



彼の案内で、我々はその「城」へと導かれていった。



「馬に乗せてください」



彼は言った。ペットを持っていないので、我々の馬に乗せてくれ──と。





我々はダンバートンの西にある険しい山道・オスナサイルに向かった。



「ダイヤウルフを倒しましょう」



彼は馬から降り、オスナサイルに群がる褐色ダイアウルフに突っ込んでいった。



「すみません」



彼は行動不能に陥り、我々に救助を求めた。






「城は、この街にあります」


我々はイメンマハというゴーストタウンに到着した。


彼は我々を城に招き入れた。






「私の城へようこそ」






そこは、彼の城ではなく、イメンマハの領主が住んでいる城であった。




「どうぞ、楽にしていってください」





彼はイメンマハの城の中で、あたかも自分の所有物であるかのように振舞った。


我々は、彼に対する反応に戸惑いを隠せない。






「ねえ」



彼は、急に砕けた口調で我々に話しかけた。



「女の子?」



しきりに性別を気にしている様子であった。



「何歳?」



年齢も気にしているようであった。






「レストランいこ」



彼はイメンマハのレストラン・ロフリオスへ我々を案内した。



パリンッ!



彼は料理に失敗した。



我々は終始、無言のまま、彼の行動を見守っていた。




彼は自作の料理をあきらめ、ロフリオスの料理長・ゴードンからワインを購入した。


そして、ワインを1杯飲んだ彼は、酔った。




「ねえ」



「女の子?」




驚いたことに、ワインに酔った彼は、酔う前と変わらない行動をとったのである。

そんな彼の行動に、我々の目は釘付けであった。








「すみません。酔っ払って変なことを言ってしまって」


酔いから覚めた彼もまた、酔っているときと変わらない状態であった。




「ねえ」



「女の子なの?」



「ピンクの人、かわいいね」




恐ろしいことである。

彼の注意は、最初からaspirinに向けられていたのだ。


この危機的な状況において、彼の興奮は高まりつつあった。




aspirin「はて…。あなたこそ、女性ですか」


「おれ男」


aspirin「ほ……」



「きみ女の子?」


aspirin「ほ……」


「だってピンクだもん」


aspirin「名前の色がピンクだからです」


「女の子?」




二人の会話は、この繰り返しであった。




ローブを着てフードをかぶったaspirinの姿は、女性のように見えるからである。




「おれ飯」


彼は夕食を食べると言って、その場を離れていった。


しかし、すぐに戻ってきた。


「ただいま」



あっという間の夕食であった。


ただの早食いなのか、「女の子」に会うためなのか、真相は謎に包まれたままである。




そして最後に、彼はこう言った。


「では呪いを解きますね」


彼は立ち上がって呪文を唱え始めた。





「ドッペルゲンガーサージスワイントゥルガー」













( ゚д゚)












( ゚д゚ )













|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|