ありました!


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

無念の鈴仙紅朔を見かねたaspirinは、彼にプレゼントをして慰めようと企んでいた。



aspirin「あの異様な形状の耳は修理ができないそうだ……」


彼の頭頂部から生えている耳。


それはイベントで入手できる限定アイテムであり、
修理可能なものと不可能なものがあるという。



aspirin「修理可能な耳もあったはず」
鈴仙紅朔「∑」
aspirin「もし露店で見つけたら買ってあげましょう」
鈴仙紅朔「!!!!!!!!!!」



鈴仙紅朔はただちにダンバートンへ向かい、チャンネル1に移動した。



失いそうな自分の耳を求めて。



この当時、ペットによる個人商店検索機能はなかったため、
すべての商店を探さなければならなかった。

それは長く、過酷な捜索であった。



鈴仙紅朔「ありました!!修理可能品!!!」



鈴仙紅朔から1通のメモが届いた。

このとき、まだ『限定』ギルドは存在していなかったのである。

離れている相手と連絡を取るためには、ささやきか、メモしかなかった。



aspirin「ほう。いくらかね?」
鈴仙紅朔「250kです…orz」


250kとは、25万ゴールドのことである。

こんなに高価なアイテムだったとは──。

鈴仙紅朔は期待はしていたが、半分あきらめかけていた。



aspirin「じゃあサブで買うから、cc」
鈴仙紅朔「!!!!!!!!!!」
aspirin「露店の前で待っていてください」
鈴仙紅朔「待ってますwwwwwwww」


aspirinは、ダンバートンに常駐しているサブキャラクター・あすりぴんに切り替え、
1チャンネルの個人商店群の中へ突入した。


あすりぴん「ドコ く(゚∀゚三゚∀゚)/ ドコ」
鈴仙紅朔「西門を出てすぐ北のところです」
あすりぴん「┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨」
鈴仙紅朔「*****っていうテントの近くです」
あすりぴん「Σ(゚Д゚ υ) イタ!!」
鈴仙紅朔「ノンノンですw」
あすりぴん「耳Σ(゚Д゚ υ) イタ!!」


あすりぴんは、修理可能な「耳」を確認した。


あすりぴん「これでいいですか?」
鈴仙紅朔「イイ!!」
あすりぴん「じゃあ買います」
鈴仙紅朔「キエタ!!!!」
あすりぴん「(σ゚Д゚)σゲッツ!!」



こうして「耳」の取引は無事に終わり、鈴仙紅朔の頭部には新鮮な耳が生えることになった。





|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|